「諸星大二郎」おすすめ作品一覧

「諸星大二郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:諸星大二郎(モロホシダイジロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1949年07月06日
  • 出身地:日本 / 長野県
  • 職業:マンガ家

東京都立江北高校卒。1970年『ジュン子・恐喝』でデビュー。1974年『生物都市』で第7回手塚賞入選。2000年『西遊妖猿伝』が第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。2014年、『瓜子姫の夜・シンデレラの朝』で第64回芸術選奨文部科学大臣賞。他に『妖怪ハンター』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/22更新

ユーザーレビュー

  • 妖怪ハンター 2 天の巻
    薫と美加の兄妹が出てくる生命の木シリーズ。
    「花咲爺論序説」「幻の木」「川上より来たりて」「天孫降臨、第1章大樹伝説、第2章樹海にて、第3章若日子復活」「黄泉からの声、第1章井戸のまわりで、第2章読みからの声」「天神さま」
  • 妖怪ハンター 1 地の巻
    異端の考古学者、稗田礼二郎が謎を解く、禁忌の日本史。「黒い探求者」「赤い唇」「生命の木」「海竜祭の夜」「ヒトニグサ」「闇の客人」「蟻地獄」「闇の中の仮面の顔」「死人帰り」
  • 妖怪ハンター 3 水の巻
    大島と渚のでてくる海関係シリーズ
    「産女の来る夜」「淵の女」「うつぼの舟の女」「海より来るもの」「鏡島」「六福神」「帰還」
  • BOX~箱の中に何かいる~ 1巻
    諸星さんのホラーということで結構覚悟をして読んだのですが、謎解きが中心という感じですね。読んだことのない方は「袋の中」とか「不安の立像」をお勧め、最高にこわいですから(^^♪

    小説の「キョウコのキョウは恐怖の恐」が好きな私としては、この作品での彼女の復活はうれしいな。(あとがきで触れていますが、小...続きを読む
  • 西遊妖猿伝 西域篇 1巻
    ついに沙悟浄が現れてメンバーそろい踏みになるわけだれど、悟空が人間というのも驚いたが、この沙悟浄の造形も話の持っていき方も凄い。
    流砂や恐竜の骨の扱いなどの想像力にも驚嘆。
    毎度のことながら、諸星先生よくこういうことを考えられると思う。

特集