妖怪ハンター 1 地の巻
  • 完結

妖怪ハンター 1 地の巻

作者名 :
通常価格 721円 (656円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【ページ数が多いビッグボリューム版!】ぬばたまの闇の底どよもす呻き声。冥き世界にうごめく異形の者ども…。異端の考古学者・稗田礼二郎が暴きだす、触れてはならぬ…暗黒の日本史!! その圧倒的スケールで、漫画界を震撼させた空前絶後の傑作「妖怪ハンター」第一弾!! 幻のミッシング・ピース「死人帰り」も掲載!! 暗黒の邪神、深き底より…まいる。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊少年ジャンプ
ページ数
322ページ
電子版発売日
2017年01月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
81MB

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    異端の考古学者、稗田礼二郎が謎を解く、禁忌の日本史。「黒い探求者」「赤い唇」「生命の木」「海竜祭の夜」「ヒトニグサ」「闇の客人」「蟻地獄」「闇の中の仮面の顔」「死人帰り」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月17日

    諸星大二郎の代表作『妖怪ハンター』ではないよね、というのは差し引いても傑作。

    日本の歴史風土とクトゥルフ神話(クトゥルフ的な訳の分からない超越的な存在のホラー)を結びつける試みは、小説などでも試みられてきたけれど、この作品がエポックメイキングになって、方法論が確立したのだと思う。絵の上手いとも言え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月11日

    何度目かの読み直しにつき記事編集。
    妖怪ハンターこと、考古学者・稗田礼二郎シリーズを纏めた文庫
    ――といっても、まだ完結したわけではなさそうだけど。
    単行本『海竜祭の夜』と『天孫降臨』を、
    引っ越しの際、誤って処分してしまい、後から購入した全3巻のパート1。
    ちなみに、読むべき順序は《地の巻》→《天...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月22日

    だいすきすぎる1冊。

    諸星大二郎の作品には、不思議な魅力があります。
    それは水木しげる、手塚治とはまた違った魅力。
    民俗学、歴史学の影の部分。
    穴があったら覗いてみたくなる。
    きっとそれが、諸星大二郎の才能なんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月28日

    「生命の木」と「闇の客人」がスバラシイ

    いやぁ、どうやってこんな話を思いつくのか…
    諸星大二郎は天才だと思う。
    古本屋で百円で手に入れたのが申し訳ない…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年09月09日

    知り合いに紹介されて読む。…何故読まなかったのか後悔した。古墳やら神話やらドツボに入ります!!!( `_ゝ´)フォォー

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月17日

    ポリコレがー は前からあったんだけどー
     さういへば昇天のあとは光の十字架が「隣村からも」見えるんだった。
     あとあんとく様がトラウマである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月18日

    目に見えないものって、たくさんありますね。

    神とか仏とか、天国と地獄とか、悪魔とか妖怪とか、死後の世界とか常世とかニライカナイとか…。

    旧約聖書も古事記もうそか本当か分かりやしません。

    だけれども、それらは人間の想像力の産物です。
    想像したものだからウソ、とは言い切れないものです。

    たとえば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月20日

    妖怪ハンターシリーズの中でも代表作が収録されている。なかでも「生命の木」は議論の余地なく傑作中の傑作。これだけの内容をわずか数十ページで描き切るっつうのは破格。何度読んでもほんとに感心する。あんとくさまやヒルコも収録されて、かなりお得な一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月30日

    職場の先輩に借り受けて長い間触手の伸びぬ一品だったのですが。
    この作品はタイトルで損している。大損している。
    「妖怪ハンター」とか、そんなチンケで胡散臭いタイトルに到底似合わぬ作品としてのおもしろさと考察の深さがあります。
    作者はこの世には人間の見知ったる動植物の他に、混沌からそれらの生命が生まれた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 妖怪ハンター 1 地の巻
    完結
    721円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】ぬばたまの闇の底どよもす呻き声。冥き世界にうごめく異形の者ども…。異端の考古学者・稗田礼二郎が暴きだす、触れてはならぬ…暗黒の日本史!! その圧倒的スケールで、漫画界を震撼させた空前絶後の傑作「妖怪ハンター」第一弾!! 幻のミッシング・ピース「死人帰り」も掲載!! 暗黒の邪神、深き底より…まいる。
  • 妖怪ハンター 2 天の巻
    完結
    666円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】ひさかたの天より降りきたるは、幸神か? 邪神か!? 甦る超古代の神々。日本神話に隠された不死の秘法。禁じられた童歌。暗黒の祭祀。碩学・稗田礼二郎、生命の木の謎を追う!! 伝奇コミック浪漫「妖怪ハンター」第二弾!! 天空より、古の忌まわしき神々…降臨!!
  • 妖怪ハンター 3 水の巻
    完結
    752円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】わたつみの神の国より流れ着く妖しき舟。底なしの冥き淵より、濃霧をまといて古の邪念と妄執が、おぞましき姿で甦る。稗田礼二郎が禁断の書を紐解く時、神話は民話と交響し、魔の物語が溢れ出す。妖怪ハンター第三弾は水と雪と官能の物語。水泡とともに禍々しき神々…浮かぶ。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています