松井信彦の一覧

「松井信彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/15更新

ユーザーレビュー

  • 「偶然」の統計学
    人間の色眼鏡からは多大なる偶然に見えることも客観的に分析すれば、そうでもないよ、というお話でした。理性の眼で冷静に物事を見ることの大切さを教わりました。ありがとう。
  • 人類との遭遇 はじめて知るヒト誕生のドラマ
    韓国の女性人類学者が科学雑誌(日経サイエンスのようなもの?)で連載した記事をまとめたもの。
    人種や生態系に対する著者の控えめで真摯で、それでいながら啓蒙的な姿勢が素晴らしい。
  • ホーキング、最後に語る
    私はホログラフィー、多宇宙信じます。
    ---
    ・ホーキングは「果てがないのが、宇宙の始まりの条件なのだ!」という。ここでの果てがないとは宇宙は「特異点」として始まったのではなく、虚数の時間で始まるなら物理法則にしたがってなめらかに始まったということである。
    ・相対性理論に従うならば、宇宙は特異点から...続きを読む
  • 重力波は歌う アインシュタイン最後の宿題に挑んだ科学者たち
    “本書は、重力波--音による宇宙の記録、宇宙を描くサイレント映画を飾るサウンドトラック--の研究をつづった年代記であるとともに、実験を目指した果敢で壮大な艱難辛苦の営みへの賛辞、愚者の野心に捧げる敬意の証でもある。”
    この言葉に尽きる。
  • 重力波は歌う アインシュタイン最後の宿題に挑んだ科学者たち
    重力波直接観測成功に至るまでのプロジェクトチームLIGOの軌跡。
    13章「藪の中」の原題はRashomonなのだとか!