高橋睦郎の一覧

「高橋睦郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 漢詩百首 日本語を豊かに
    読み下し文のルビの振り方が美しい。
    例えば『涙』を「なんだ」『汝』を「なれ」と読ませる。
    それぞれ「なみだ」「なんじ」と読んだのでは音の響きがまるで違う。
    漢詩とともに日本語の美しさも教えてくれる。

    ↓ いつか使ってみたい言葉
    ・玲瓏(もゆらか)
    ・残んの月
    ・花の如き人
    ・花をながむるの人
    ・自...続きを読む
  • 万葉集の詩性 令和時代の心を読む
    文学や編集に携わる8名の手による万葉集エッセイ集、といえばよいか。
    出だしから中西進氏による『旧約聖書』と『万葉集』のリンクが展開され、度肝を抜かれる。良き文学とはほかの文学と共鳴するものとはいうが、まさかそんなところと響き合うとは。しかも万葉集の第一人者の一人中西進氏からそんな。おみそれしました。...続きを読む
  • 百人一首 恋する宮廷
    見開き2ページに歌と作者、そして意訳とその歌の背景や作者の生涯についてが書かれている。
    この本の特色は、なんといっても意訳の部分。
    教科書で習ったものとは多分全然違う解釈の歌が多い。

    歌に詠まれているものだけを見てもわからない。
    そこには恋愛模様だけではなく、歴史との対話あり、今現在の政争の顛末あ...続きを読む
  • 百人一首 恋する宮廷
    選者定家を第二の作者、自らを第三の作者とし、明治以降の海外の詩歌など多くの知見も援用して、
    「後読み」によりこの詞花集を読み解いていこうというもの。

    百首の現代語訳は、詞書や出典元の勅撰集の配列などを参照にした詳しく行き届いたもの。
    個々の解釈では、詩人らしい深読みが多く、踏み外しであってもまた興...続きを読む
  • 百人一首 恋する宮廷
    稀代のアンソロジスト定家、王朝を葬る。日本の詩歌の根本原理は恋にある。その詩歌を統べるのは天皇である。
    「ものをつくる人間、表現する人間が中流意識なんか持ったらおしまいです。」