マルキ・ド・サドの一覧

「マルキ・ド・サド」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/04/11更新

ユーザーレビュー

  • 悪徳の栄え 上
    サドとニーチェは高校生のときに読んで、自分の道徳観がぶち壊された感覚がありました。
    その最たるものが本書です。

    ちなみに、澁澤龍彦が『美徳の不幸』(ジュスティーヌっていう清純な女の子がめちゃくちゃ酷いめにあう話)の前書きの部分を、「ジュスティーヌになりたがらない女はいない」って訳してたんだけど、本...続きを読む
  • 悪徳の栄え 下
    タイトル通りです。
    残忍極まりない悪事と快楽、そしてカネに溺れることへの哲学小説。
    平たく言うと、野蛮人の集まりです。
    ですが、目からウロコもいいことに、並の人間では到底体験と理解に苦しむこの散々たる悪事にもなんと哲学や道徳がある!
    この哲学小説のいいところは、どっちに転ぶか?ということと、感化され...続きを読む
  • 悪徳の栄え 上
    美についての道徳などはよくある話ですが、まさか悪にも道徳があるとは、目からウロコでした。
    サドのSという意味がこの本でよく分かりました。
    すんごく与えるのも好きだけど、受けるものはきっちり受ける。
    快楽に更なる強い痛みと、たっぷりの報酬…逆もしかりな内容で、ただ痛みや強い快楽を与えるだけがSではない...続きを読む
  • 閨房哲学
    やっぱマルキ・ド・サドはすごい過激だね。
    神を否定し、悪徳を奨励し、殺人をも肯定する。
    普通の人が読んだらまず嫌悪感を示すと思われるが、そもそもそういう人はこの本を手に取ることなど、人生のうちでないだろう。
    もっと物理的に性的な行為が行われるのかと思ったが、抽象的な過激な思想について書かれた本だった...続きを読む
  • 美徳の不幸
    この作品に、もっと早く出会いたかった。
    悪徳と美徳の境界を突き詰めた文学の歴史が、
    その輪郭がようやく一つの線で繋がり始めた。
    サド、バルザック、ドストエフスキー、ゾラ、
    フォークナー、ガルシアマルケス、大江健三郎。

    2012-05-13 06:01:00 Twitterより