「星野智幸」おすすめ作品一覧

「星野智幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:星野智幸(ホシノトモユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1965年07月13日
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部文芸専修卒。1997年『最後の吐息』でデビュー。文藝賞受賞を始め数々の賞を受賞。代表作品の一つ『俺俺』などの作品を手がける。同作は 大江健三郎賞受賞作品。亀梨和也(KAT-TUN)主演で映画化。漫画化にもなる。

作品一覧

2018/10/05更新

ユーザーレビュー

  • 変愛小説集 日本作家編
    このアンソロジー、読んだ人によって、好きになる作品が違うだろうし、好きな変愛も違うのかなって思いながら読んでました。

    私が好きだったのは、以下の作家さん方。(本に入ってる順に)

    多和田葉子さん。多和田さんの作品はどれを読んでも「ことば」にさわれる喜びがあるけど、ここに入ってる作品は「文字」にさわ...続きを読む
  • 焔

    「私」も野原のようなところで輪になって座っている。
    中央にはオレンジ色の焔。
    ふいに草の香りが立つ。星は一つも光ってない。
    窓の外にはカラス。「じんえん」…
    本を読み終えて間も無く。
    小説と現実の境目が揺らぎ出すほどの豪雨と
    暴力的なニュースが飛び込んで来て…
    ひょっとしてくるくる回れば涼しくなるか...続きを読む
  • 俺俺
    【時代を描き人間を描いた誠に稀有な古典的文学の達成】

    成り行きでオレオレ詐偽をしてしまった俺は別の俺と入れ替わり、その一方で元の俺は別の俺に乗っ取られていることを発見し、自らが何者でもないただの名もない「俺」になってしまったことに気づくと愕然とする(しかも、別の「俺」にはなんと彼女がいるらしい!)...続きを読む
  • 俺俺
    最初はちょっととぼけたようななりゆきの俺俺詐欺から始まり、予想外の方向に少しずつ転がっていくストーリー、気付けば物事の細部が少しずつズレていき、現実感を失いながら俺と言う存在を解体して行く。それが思わぬスケールまで広がって、自我と言う存在を、意識を、ここまで深く掘り下げてしまうのかと、気付けば強く引...続きを読む
  • 俺俺
    この本での「俺」ってなんだろう。
    クローン?コピー?
    はじめは分からないまま読んでいた。
    しかし、読み進めていくうちに、
    「俺」には色んな一面があるんだと気がついた。
    くだらないことも考える、
    真面目なことも考える。
    他者よりも優秀でありたい、
    でも疲れた時にはだらけていたい。
    そんな面を誰しも持ち...続きを読む