無間道

無間道

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

逝くな、生きろ――。自ら逝くこと=自殺が賞賛され、心中(デュオ)や集団自殺(マルチ)が大流行する社会。自殺死体が街中いたるところに放置され、カラスがそれらをついばみ、人々は裏庭で死体を焼却し、無造作に埋めている。死臭と腐敗臭にまみれて、日々を送る主人公・竹志は、ある朝、恋人の彩乃が一人(ソロ)で逝ったことを知らされる。一緒に逝こうと誘われていたのに、竹志はそれを断ったのだった。最期の別れに、彩乃の生家を訪ねた竹志を待っていたものとは……。(「無間道」)独特の視座で、生の現実と歪んだ世界を鋭く描く気鋭の中編集。リアルな絶望と怒り、そして希望にあふれた傑作。【収録作品】無間道/煉獄ロック/切腹

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年02月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

無間道 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年06月26日

    *ネタバレ、っていうほどないです。

    文章から、作家の波打つ動脈のようなものが感じられた。
    今にもちぎれそうな、破裂しそうな血管と、その中に流れる熱い血潮。

    喉にへばりつくような空気感、臭気、粘り気。
    星野智幸の小説にはこういう「気候」がよく用意されてるけど
    わたしこれが好きだなー。

    この『無間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    『無間道』

    「右へ行こうか右へ行こうか、まっすぐ右へ進もうか、
     待てよ、右へ行く道があるかもしれない、
     探してみよう、ほらあった、一緒に右へ行ってみよう」

    「いずれにしても、いつだって俺は思い込まされており
     その思い込みの自分から逃れることは決してできないのだ」

    『煉獄ロック』

    「かけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編3作。「無間道」「煉獄ロック」「切腹」。日本人が「神州人」と呼ばれる世界。自殺する者が絶えず、死体処理も追いつかない惨状。一人で死ぬことを「ソロ」二人は「デュオ」など、とにかく死んじゃう死んじゃう。「生きていても死んでも同じ」と恋人との「デュオ」の誘いを断る竹志。竹志自身も本当は…。あとの2作も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています