「石井淳蔵」おすすめ作品一覧

「石井淳蔵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/20更新

ユーザーレビュー

  • マーケティングを学ぶ
    わたしのようなマーケティング初学者からすると、マーケティングとはいかにモノを売らせるための技術である、なんていうひどく雑でひねくれた見方をしてしまうが、「本書では、企業の生活者・顧客との接点を、どうデザインするかに焦点を絞り検討してきた」(P301)とあるように、本書の目的にあるのは「生活者」といか...続きを読む
  • マーケティングを学ぶ
    マーケティングという名前の下で、アイデア発想やフレームワーク論に終始する本が多い中で、「マーケティング・マネジメント」という観点から、ブランド戦略・営業戦略のふたつの柱で、マーケティングのマネジメント方法を事例豊富に語った新書。
    それは結果的に、企業と生活者(顧客)との接点を、どうデザインするか?と...続きを読む
  • マーケティングを学ぶ
    ポジショニング、組織論、ブランドマネジメント、情報リテラシーなど、マーケティングに関する幅広いトピックスが網羅されている。構成も非常に体系的で、自分のような門外漢がマーケティングを学ぶには大いに参考になった。
    特に、組織形態のありようで経営判断が大きく変わりうることが具体的な事例(サッポロ・ドラフト...続きを読む
  • マーケティングを学ぶ
    現段階の市場の状況を踏まえて、事業定義を行い、そこからSTPを定め、好ましい結果を生む新たな市場とはどういうものなのか、そしてその市場を創るために打つべきD(行為)はどういったことなのかをP(仮説)として予測して立てる。そして、実行してみた時に出てきた、細分化されたデータ、情報(を上手く利用できるだ...続きを読む
  • ビジネス・インサイト 創造の知とは何か
    マーケティングの大御所、石井淳蔵の本。”経営者は跳ばなければならない”として、これまでの延長で事業を進めるのではなく、創造的に事業を創りだすビジネス・インサイトが必要なのである。前書きから惹き付けられることが多く、マーケティングにおける定性的研究の重要性が感じさせられる一冊だった。

    ①実証主義の限...続きを読む