近藤大介の一覧

「近藤大介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/01/20更新

ユーザーレビュー

  • ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ
    中国で学び働き要人とも往来がある筆者の視点から、米・中・日の関係や問題を非常に分かりやすく率直に書いた一冊。

    客観的に東アジアの国々の状況がわかります。

    日本政府に対して持っているモヤモヤとした不満をはっきり書き出しており、読んでいて情けなくなると同時にスッキリしました。
  • ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ
    面白かった。
    もはや日本は大国ではないので米中どちらにつくか、戦略的に曖昧にする。
    もし尖閣諸島の衝突で日中10人ずつ犠牲が出たらという話が痛烈。中国人は鼓舞し、日本は狼狽え政権が崩壊する。戦争は嫌だけど、想定と準備はしないといけないのかな。
    もっと台湾・韓国に注目しよう。台湾・韓国は政治・文化・社...続きを読む
  • ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ
    目次と感想

    1.米中7つの戦争
    経済・軍事の覇権をめぐり、台湾が主戦場となる可能性が高いという指摘は、先の日米首脳会談でも明らかとなった。

    2.コロナ対応とアジア比較
    過去の感染症に学び防御力を高めた台湾・韓国と比べると、日本のコロナ対応の稚拙さが浮き彫りに。全体主義でビッグデータを集権的に管理...続きを読む
  • ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ
    ■中国側から見れば米中新冷戦は7つの段階で進んでいく。
    ①貿易、⓶技術、③人権、④金融、⑤疫病、⑥外交、⑦軍事
    ■建国の父毛沢東主席を崇拝してやまない習近平主席が説くのは毛主席が日中戦争のさなかの1938年に唱えた「持久戦論」。アジア最強を誇った日本軍に勝つには戦略防衛・反抗準備・戦略犯行という3段...続きを読む
  • ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ
    言葉ができて現地の人と話せる作者の本は迫力があるな。あまり期待せずに読んだら、意外に面白かったし、発見もいくつかあった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!