近藤大介の一覧

「近藤大介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/04/17更新

ユーザーレビュー

  • 習近平と米中衝突 「中華帝国」2021年の野望
    冒頭にあるようにトランプ以降の米中関係(2017年当初〜2018年秋:本書は2018年11月刊行)を、中国の視点から分析した著作。日米の視点はあり触れているが、中国目線で、中国国内の動きや中朝関係も絡めて見ていくとこれまで見えなかったものが見えてくる。例えば、2017年の時点で北のミサイル発射が米国...続きを読む
  • ファーウェイと米中5G戦争
    米中の貿易戦争とファーウェイという企業の真価を解く内容。
    なぜ、トランプ政権は中国をあれほどまでに恐れるのか。貿易戦争の裏にあるテクノロジー分野でのアメリカの相対的な低下がトランプ政権を揺さぶり、焦りをもたらしている背景などを詳しく解説している。
    ファーウェイという企業の技術の高さ、会社の内容(極め...続きを読む
  • ファーウェイと米中5G戦争
    中国ウォッチャー歴30年の著者が、今や中国で最も重要な企業となったファーウェイの話題を中心としながら米中貿易戦争の舞台裏を紐解いていく内容。テクノロジーというよりも政治の話がメインであり、やや中国寄りのスタンスでの語り口ではあるが、米中関係のこれまでの軋轢から今後の展望までを時系列に沿って俯瞰的に把...続きを読む
  • ファーウェイと米中5G戦争
    久しぶりに「中身の濃い本」に出遭えた。
    これは私見だが、今の米国の対中政策は行きすぎの感がある。
    つまり、中国(特にファーウェイを始めとするIT系)を怖れているのではないかとさえ思う。

    私は、個人的には ファーウェイは、好きな企業で、HUAWEI Mate 20 Pro も使用している。
    素晴らし...続きを読む
  • 未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること
     中国のこれからを年表で記した本書。

     ありふれた中国崩壊論ではなく、データに基づいた論述であり、納得できる部分が多々ある。

     特に、中国、日本、韓国、インドと比較しているのは面白い。各国が他国の何年遅れで、発展や少子高齢化を経験している等の比較は頷ける。

     できれば、勢いが衰えるとしても、英...続きを読む