「森本哲郎」おすすめ作品一覧

「森本哲郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/24更新

ある通商国家の興亡
  • ブラウザ試し読み

生き方の研究
  • ブラウザ試し読み

神の旅人
  • ブラウザ試し読み

ことばへの旅
  • ブラウザ試し読み

この言葉!
  • ブラウザ試し読み

サムライ・マインド
  • ブラウザ試し読み

戦争と人間
  • ブラウザ試し読み

ソクラテス最後の十三日
  • ブラウザ試し読み

旅は人生
  • ブラウザ試し読み

地球曼荼羅 世紀末を歩く
  • ブラウザ試し読み

中国詩境の旅
  • ブラウザ試し読み

懐かしい「東京」を歩く
  • ブラウザ試し読み

日本語 根ほり葉ほり
  • ブラウザ試し読み

日本十六景
  • ブラウザ試し読み

日本人の暮らしのかたち
  • ブラウザ試し読み

吾輩も猫である
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • ことばへの旅(上)
     評論家の森本哲郎が古今東西の様々な古典の言葉を紹介する(レビューは上下巻合わせて)。

     SKE48の秦佐和子がテレビで勧めていて、それを動画サイトで見て知ったこの本。これはなかなか掘り出し物である。
     様々な古典から色々な人生哲学の課題を投げかけている。古典を読む手がかりになるだけでなく、哲学や...続きを読む
  • 戦争と人間 歴史が語る20の教訓
    ギリシャ時代、中国、モンゴル、インカなど古今東西の戦争跡を旅しながら、なぜ人間は争うのかについて考察する。争いは人間の本能であり、各文明が拡大していく過程での避けられない衝突だったりする。
    だが、闘争心はパワーでもある。そのエネルギーを他に注ぐことで、争いを避けつつ、平和的な価値を生み出すこと、すな...続きを読む
  • 懐かしい「東京」を歩く
    1925年生まれで、東京の武蔵野で育った著者が、みずからの思い出や東京を舞台にした文学作品などを振り返りながら、古きよき東京を懐かしんだエッセイです。

    ときに、夏目漱石、田山花袋、国木田独歩、西條八十といった人びとの作品を参照し、また著者自身が交流のあった文化人の回想が挟まれながら、東京という都市...続きを読む
  • 吾輩も猫である
    漱石の猫のほうが好みだけど、現代版にするとこんな感じなるのかなぁと思いました
    ねこかわいい!
    寒月くんの話がでてきたり、ところどころに漱石猫のエッセンスが入っていて嬉しかったです^^
  • 吾輩も猫である
    漱石の猫のほうが好みだけど、現代版にするとこんな感じになるのかなぁとも思った。
    ねこかわいいモフモフ!
    寒月くんの話が出てきてうれしかった♡