作品一覧

  • 新装版 朱唇 中華妓女短篇集
    3.0
    1巻858円 (税込)
    莫迦にするんじゃあ、ないわよ――。金陵一と謳われた美妓の最期。血よりも濃い花街の絆。纏足をほどいた女の覚悟。唐から清へ、幾百年にわたる歴史の渦のなか、強く気高く自分の足で歩き続ける妓女たちの愛と矜持を描く全七篇。〈解説〉佐藤信弥 ◇目次 ・朱唇 ・背信 ・牙娘 ・玉面 ・歩歩金蓮 ・断腸 ・名手 ・新装版 あとがき ・解説 佐藤信弥
  • 青天 包判官事件簿
    3.3
    1巻880円 (税込)
    宋代、瑞州の新任知事・包希仁は、二十代で科挙に合格した秀才ながら、どこか抜けた青年。その資質を疑問視する世話係・孫懐徳であったが、州内で起きた「生きた牛の舌が切り取られる」事件をきっかけに――(「雪冤記」)。清廉潔白、裁きは公平、晴れ渡った空の如し。中華小説の名手・井上祐美子が、中国史上屈指の人気を誇る名判官「包青天」の活躍を描く中華ミステリ短篇集。待望の文庫化! ◆目次 ・雪冤記 ・赤心 ・紅恋記 ・黒白 ・青天記 ・文庫あとがき ※本書収録の「黒白」は、『C★NOVELS Mini - 黒白 - 包青天事件録』に加筆修正を加えたものです。
  • 新装版 桃花源奇譚1 開封暗夜陣
    完結
    4.3
    不老不死の伝説が眠る郷・桃花源。その謎を解く鍵は、旅芸人の少女・宝春にあった。不死の力を求める者たちに狙われた宝春は、生き別れの母を探す貴公子・戴星、天命を与えられた秀才・希仁に救われる。三人の出会いは、国を揺るがす壮大な冒険の始まりだった。中華歴史ファンタジー、ここに開幕!(全四巻)
  • 妃・殺・蝗 中国三色奇譚
    3.0
    1巻733円 (税込)
    「抗清復明」の旗を掲げて台湾に拠(よ)った鄭(てい)氏一族の末路を描く「妃紅(フェイホン)」。前漢・武帝の治世、父の志を継いで名著『史記』を書き起こすまでの、若き日の司馬遷(しばせん)「殺青(さつせい)」。唐の開元7(719)年、突如として湧きおこる飛蝗の害に治蝗将軍・魏有裕(ぎゆうゆう)が立ち向かう「黄飛蝗(こうひこう)」。気鋭の3人による三つの色の物語。治乱興亡4000年、華麗なる中国歴史競作!
  • 紅顔
    3.0
    1巻660円 (税込)
    裏切り将軍・呉三桂、野心と純愛。明末期の呉三桂と愛妾・円円、二人の願いと愛を描く中国歴史長編――明の末期、呉三桂(ごさんけい)は、李自成(りじせい)軍が明を倒し、都を占拠したと知った。その上、愛妾・円円(えんえん)も李自成の配下に連れ去られたと聞き、守っていた山海関を摂政・ドルゴンを擁する清軍に開放する。裏切り者と歴史に書き残された呉三桂と傾国の美女・円円、二人の純愛と明末の激動を清新な筆致で描きあげる、中国歴史長編小説。
  • C★NOVELS Mini - 黒白 - 包青天事件録
    -
    1巻110円 (税込)
    宋の開封府の新任知事・包拯は、「厳しすぎる」と部下に嫌われていた。衣食住まったく贅沢をしないから部下は知事よりいい暮らしができない。袖の下など一切受け取らないから部下も賄賂を受け取れない。あまりの清廉ぶりに窮屈になった小役人が何事か企むが……。中国史上に輝く名裁判官・包青天の裁きは!?『CN25』(2007年11月25日刊行)所収

    試し読み

    フォロー
  • 非花
    3.0
    1巻649円 (税込)
    あとに残った薔薇の枝だけが、再会の証しだった……唐、宋、明、清――悠久たる中国史のなか、国家の狭間や民族の壁に押しつぶされず、凛と生きた女たちを鮮やかに描きだす。

    試し読み

    フォロー
  • 公主帰還
    4.3
    1巻691円 (税込)
    北方の脅威・女真族の金国に皇帝らが連れ去られて十年。太平を貪る南宋の都に北から逃れ来た帝姫と名乗る美女があらわれた。主だった皇族は北に囚われたまま、現皇帝とは面識がなく、帝姫との確証がない。その見極めと隠れさた真相とは――? (表題作)。繁栄する中国宋代を舞台に描く佳作七編を収録。

    試し読み

    フォロー
  • 乱紅の琵琶 長安異神伝
    3.7
    天界から地上に降り、長安の都に巣くう悪霊を退治する顕聖二郎真君。彼の前に、一人の妖艶なる美女が五弦の琵琶と常ならぬ妖気を携えて現れた――。

    試し読み

    フォロー
  • 長安異神伝
    4.4
    にぎわう唐の都・長安で妖気と瘴気に満ちた血なまぐさい怪事が連発した。事件に引き寄せられたかのように現れた謎の青年は神刀を携え悪に挑むが――。

    試し読み

    フォロー
  • 将神の火焔陣 天長篇 長安異神伝
    4.0
    唐王朝の滅亡を示す不吉な星の存在を知った政府高官が、尾行され襲われた。高官を襲った一団が人ならぬ力を持つと見抜いた二郎神君は警戒を強めるが

    試し読み

    フォロー
  • 将神の火焔陣 地久篇 長安異神伝
    3.5
    長安に妖火が舞った。唐王朝を滅し人間界と天界の全てを支配せんと古代帝王・炎帝が復活したのだ!!半神半人の英雄・二郎神君が炎帝に立ち向かうが…

    試し読み

    フォロー
  • 暁天の夢(上)長安異神伝
    4.0
    長安で美女翠心と暮らす半神半人の二郎真君のもとへ、妹の慧瑛があらわれた。長安に異変の予兆あり、翠心を安全な天界へ保護すると言うのだが……。

    試し読み

    フォロー
  • 還魂の花燈 長安異神伝
    3.0
    飾り提灯に唐の都が華やぐ元宵節の夜。花燈見物の最中に美女・翠心とその侍女が何者かにさらわれた。人の姿をとった神・二郎真君は恋人の行方を探すが――。

    試し読み

    フォロー
  • 海東青 摂政王ドルゴン
    3.0
    1巻754円 (税込)
    北京へ、そしてまだ見ぬ大地へ――遼東の地から大空に翔けあがる鷹の如く、ドルゴンは関を超え、大帝国清を築いた。満州の長ヌルハチの子として八旗を束ね中華統一をなした男の生涯。

    試し読み

    フォロー
  • 桃夭記
    3.7
    博陵郡王の屋敷で怪異が頻発する。桃の木のたたりと断じて呪法をほどこそうとする道士の騙りを見破り、眠りから醒めなくなった娘を救うのは、式神を操る青年・光周明。はたして彼の正体は?(表題作)他に、孤独な少年帝に忠誠をつくす虎、竜王の甕が見せる夢幻、墨に命を賭けた名匠の皮肉な運命を描いた、心ゆさぶる幻想的な珠玉の四篇を収録。中国傑作短篇小説集。

    試し読み

    フォロー
  • 五王戦国志1 乱火篇
    -
    自らの一族を滅して公位を簒奪した耿無影。実の兄のように慕っていた彼を一族の仇と狙う耿淑夜。二人の確執を核に中原全体に戦いの火の手が上がる。ヒロイック・ファンタジー第一巻。

    試し読み

    フォロー
  • 臨安水滸伝
    5.0
    南宋の都・臨安で漕運を営む夏家に、高位の宦官から極秘の依頼が舞い込んだ。「謀殺された将軍・岳飛の隠し資産を探してほしい」。ちらつく宰相・秦檜の影。年若き夏家三きょうだいの冒険が始まった。

    試し読み

    フォロー
  • 新装版 桃花源奇譚1 開封暗夜陣

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    大立ち回りあり、宮中の陰謀あり、暗愚の帝あり、謎の身分のクセのあるキャラあり、何より書き出しが美しい情景描写で「アッこれは好みの作品だ」と一瞬で悟れた。
    最初のノベルスは1992年6月刊行なので、十二国記とほぼ同時期くらいに発表されてるんですね。こっちももっと取り上げられていいと思うんだけど、とっつきやすさ的に難しかったんだろうか?

    正直に白状すると、途中からキャラクターが多すぎて名前や語彙が馴染みのないものなので多少混乱はしました。登場人物欄も一部のキャラしか載ってなくて苦労したり、中国ものの官位やしきたりなどちょっと苦しかった箇所もあったんですが、それでもあれよあれよと読まされた。
    たっ

    0
    2024年03月24日
  • 新装版 桃花源奇譚3 月色岳陽楼

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    皇帝の失われた嫡子。彼に仕えることを天命で定められた少年たち。

    過去のわからない少女。
    彼女が生きるべき世界は仙界か、現実か?

    こういう小説は王道になるのでしょうが、最後まで彼らの旅を見届けたいと思わせるのは、作者の力量。

    さて、残念なことに残り一冊となりました。

    0
    2023年01月14日
  • 新装版 桃花源奇譚4 東京残桃夢

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    旅は終わり。
    新しい旅が始まる。

    まさに王道! 読んでいて楽しかったですね。

    去るもの、残るもの。それもまた人生。
    良きかな、良きかな(^^)

    0
    2023年01月14日
  • 新装版 桃花源奇譚1 開封暗夜陣

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

     こういう冒険譚は大好物。
     
     陶淵明の桃花源はどこに?
     思えば、陶淵明が漢文の授業以外で読んだ人なのよね~。

    0
    2023年01月08日
  • 長安異神伝

    Posted by ブクログ

    手持ちにあるのは徳間文庫版なのですが、今はこちらの出版で出ている様なので差し替えてます。ちなみに徳間文庫版では、陳淑芬さんの美しいイラスト画の表紙になっていまして、イラストに惹かれたのもありましたが(それこそ、ジャケ買いの様な(苦笑)。)ストーリー展開も面白かったので、その後全巻買ってしまいました;。

    0
    2016年03月28日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!