松久淳の一覧

「松久淳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/06/21更新

ユーザーレビュー

  • 天国の本屋 恋火
    ピアノ教室もオーケストラもクビになった男性ピアニストが天国に連れて来られ、そこで書店員として働くことに。
    一方この世ではデパートができたために廃れつつある商店街の飴家の娘がもう一度賑わいを取り戻そうと奮闘を続けている。この二人がどう関わりがあるかは分からないながら、テンポのいい文章で話は進む。
    後半...続きを読む
  • 天国の本屋 恋火
    フルカラーの挿絵付きだし、なんだか薄いしなぁ、なんか題名だけである程度話が予測できそう、、、

    って思って読み始めて、できそうも何もない。

    なんだょ!なんで!そうくるか!なんか、なんか、なんか、、、

    ものすごいおとなの絵本のような一冊。

    とにかくうっすら先が見えてきても夢中になって読んで、そし...続きを読む
  • もういっかい彼女
    不思議で切なくて、ふんわり優しい思いが、涙になってあふれてくる。
    みんな、なんて優しいのだろう。
    優しい流れに身を任せて、静かに読み終えていた。
  • 猫の話をそのうちに
    コンビものをいれて、1年間で何作もこの人の新刊が読める幸せ。

    つながっているものなぁ。色んな作品たちと。
    『きっと嫌われてしまうのに』もそうだけど、いくつかの現実も織り交ぜて、本当にそこにいるかもしれないキャラたち。飲み会の場面は著者の実体験というか、著者と飲みに行けばこうなるんだろうなと勝手に想...続きを読む
  • 天国の本屋
    ファンタジー要素があるんだけど、設定がしっかりしているからすんなり腑に落ちる作品。登場人物も身近にいそうな人たちが多いし、読みやすいからコロッと世界観に引き込まれる。

    絵本を読んでいるような、優しい言葉たち。

    主人公のさとしを自分に照らし合わせて、愛しいひとに逢いたくなる。
    最後の一文がキラーワ...続きを読む