天国の本屋

天国の本屋

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

さとしはアロハシャツの不思議なおっさんに誘われ、突然天国の本屋でアルバイトをすることになった。この店の売り物の、朗読サービスを受け持つことになったさとし。そして緑色の目を持つ少女ユイに恋心を抱く……。でも、ユイの心は、この世でできた大きな傷に塞がれていた──。慌しい毎日に押しつぶされそうな貴方にお勧めします。懐かしさと優しさが、胸一杯に込み上げてきます。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月24日
紙の本の発売
2004年04月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

天国の本屋 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月29日

    天国を舞台にした、ファンタジー系の恋愛小説。
    心を開いていないユイと、天国へ臨死体験をしに来たサトシとの淡いラブストーリーが読みどころ。
    そして本屋でのアルバイトとサトシとの出会いを通して、ユイが過去の苦しみを乗り越えつつ心を開いていく様も読みどころ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    中学生の頃よんだことがあり、本屋で見つけて懐かしくて買いました。やっぱりほっこりする話。天国ってこんな所ならいいなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月10日

    ファンタジー要素があるんだけど、設定がしっかりしているからすんなり腑に落ちる作品。登場人物も身近にいそうな人たちが多いし、読みやすいからコロッと世界観に引き込まれる。

    絵本を読んでいるような、優しい言葉たち。

    主人公のさとしを自分に照らし合わせて、愛しいひとに逢いたくなる。
    最後の一文がキラーワ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月17日

    サラッと読める一冊。
    ほっこりするおとぎ話のようで、
    心が温かくなります。
    大人から子供まで年代関係なく、読めると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月13日

    挿絵が結構あったのであっとゆーまに読めてしまいました。

    「泣いた赤おに」っていいお話だったんですね。
    子供向けの絵本や童話って結構いいお話が多いですよね。
    それこそ大人になってから読むと「こんな深い話だったのか・・・」とビックリする事があります。

    涙の出るお話です。
    すごくよかった。
    死ぬ事って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月02日

    一時間もかからずに読めてしまう小説だが、とても良い話。多分、自分が本好きなこととか、子供に本を読み聞かせたりすることとかが関係あるのかもしれないけど、こんな本屋が天国にあるなら自分も店長をしたいと思った。

    最後の終わり方も、あー、結局そうやって終わってしまうんだ、って思ったところに、やっぱりそうな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月26日

    大好きな天国の本屋シリーズ第一作目。

    死にたくなったら読んでも良いけど、

    死ぬ気が無くて読んでも面白いです。

    大切な人が亡くなってしまった人にも読んでほしい本です。

    身近な人を愛すための本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月10日

    天国の設定がおもしろかったし、
    読み終わると優しい気持ちになる本。
    イラストが多く1ページの文字数も一般的な文庫より少ないから、
    あっという間に読めてしまう。
    時々開いては繰り返し、味わう本にしたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月02日

    中学時代に読んだ本の読み直し。

    児童文学が読みたくなりました。特にナルニア。どうも読み切れなくて…って思ってたけど、また挑戦状かしら。
    人生ってこんなにうまく行かないけど、それでも関わり合いを大切にしようって思えました。

    冒頭で就活生っていう設定だったのが新鮮でした笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月05日

    ごく薄い本です。字組みの大きいし、1時間ほどで読めてしまいます。
    ストーリーそのものは、とてもありきたり。先は読めてしまいます。しかし、それでも何か感じるところがあって。
    多分それは、じっくり丁寧に書き込まれた、それだけで優しさを感じさせる文体のせいなのでしょう。水彩の挿絵とともに、この本の独特の雰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

天国の本屋 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 天国の本屋
    528円(税込)
    さとしはアロハシャツの不思議なおっさんに誘われ、突然天国の本屋でアルバイトをすることになった。この店の売り物の、朗読サービスを受け持つことになったさとし。そして緑色の目を持つ少女ユイに恋心を抱く……。でも、ユイの心は、この世でできた大きな傷に塞がれていた──。慌しい毎日に押しつぶされそうな貴方にお勧めします。懐かしさと優しさが、胸一杯に込み上げてきます。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 天国の本屋 うつしいろのゆめ
    イズミが、センスは悪いがお金は持ってる“獲物”とハワイに飛び立とうとしたその時、アロハシャツの不思議な男が現れた。「この人、結婚詐欺師ですよ!」イズミの体は硬直、フィアンセ候補はパニック、周囲からは思いっきり好奇の目……。そして我に返ったイズミを、絶対あり得ない運命が待っていた。読み進むうち、どんな人との出会いもこよなく大切に思えてきます。シリーズ第2弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています