「鈴木貴博」おすすめ作品一覧

「鈴木貴博」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鈴木貴博(スズキタカヒロ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:コンサルタント

東京大学工学部物理工学科卒。著書に『がつん!力 会社を救う5つの超原則』、『戦略思考トレーニング』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/07/13更新

ユーザーレビュー

  • 「AI失業」前夜――これから5年、職場で起きること
    現場仕事がこれからはいい、というのは何となく私の感覚とも一致する。そして、大量調理の仕事、介護、清掃、倉庫の仕事より電気工事、測量技術、造園、配管、鉄筋、型枠、建築塗装の仕事のほうが同じ頭も体も動かし手先が必要な仕事の割には給料がいいのは確か。
    2025年ごろの、スマートスピーカー、スマホ、そこに搭...続きを読む
  • 「AI失業」前夜――これから5年、職場で起きること
    生き残る仕事
    人工知能を使って事業を作る人、適用する人
    ブルーカラーとホワイトカラー両方の仕事をする人
    コミュニケーションでリーダーシップをとる人

    ホワイトカラーからどんどん仕事がなくなっていき、ブルーカラーは人がどんどん足りなくなる。しかし、給料水準は上がらないから、ブルーカラーも給料が上がらな...続きを読む
  • 仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること
     半端なくショックでかいです。2014年にオックスフォードやマッキンゼーが「遠くない未来(少なくとも私はまだ存命。下手すると就労が必要な時代)に、半分以上の職業がAIとロボットに奪われて消滅する」というレポートを出しました。その時点では、消滅する職業は、職業運転手やパラリーガルなど、言葉は失礼ながら...続きを読む
  • 仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること
    AIはオモチャなのか?
    デジカメのハシリが市場に出たときフィルムメーカーはオモチャと言ったとか。
    その後の大企業の破産は論を待たずです。
    インターネット企業も幻想と言われてた。
    AIもオモチャなのか?

    おそらく近い将来AIが生活の中心に来ると思われます。
    アレクサとかグーグルホームはまだまだ使い勝...続きを読む
  • 仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること
    この本に書かれてあることが本当に実現するのだろうか。
    2025年になると、世界中で仕事消滅は現実の問題となるとか。
    働くなくてよかった人類はどうなるのか。
    毎日24時間が宴会という日々が続いたとしても盛り上げるトーク力を持った遊び人こそが、未来社会で最も華やかな生き方であることがわかる。
    このような...続きを読む

特集