柳原三佳の一覧

「柳原三佳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 示談交渉人裏ファイル
    普段、事故に遭わない限りは、ただただ保険料を払い込んでるだけで、いいことばかりが書いてあるパンフレットを通してしか接することのない損保会社ですが、やはり当然損保会社も営利企業な訳で。いろいろ勉強になりました。
  • 私は虐待していない 検証 揺さぶられっ子症候群
    中の人としては臨床所見からSBS疑いとすることは許容されても、まるで確定診断された(=激しく揺さぶった事実があった)かのように扱われるのが元凶の1つかと思いますし、診断を厳密に行う為にも病名は変えた方が良いと考えます。
  • 泥だらけのカルテ 家族のもとに遺体を帰しつづける歯科医が見たものは?
    法医学は知っていたが、歯科法医学という分野があるのを初めてしった。
    ちょっと前に読んだ「救命: 東日本大震災、医師たちの奮闘」にもデンタルチャートを使った遺体の身元調査がどれほど、亡くなった人たちの体を家族のもとに返すのに貢献したのかを知った。
    (本来、生きていくための治療が本業の現役歯科医師の方々...続きを読む
  • 示談交渉人裏ファイル

    「落とし穴」をあわせて読むべき

    「自動車保険の落とし穴」では主に被保険者の視点からかかれたものだが、こちらは支払う保険会社側からの目線で自動車保険のことが描かれていて、両方読めば両方の立場がうかがい知れてバランスがいい知識が得られると思う。
    知り合いの損保のセールスマンを死者に鞭打つろくでなしのような目線で見てしまっていたが、こ...続きを読む
  • 示談交渉人裏ファイル
    あるある、って感じの内容が暴露されてます。
    程度の差はあれ、今でもありますね。
    正直者が損をすることの典型例でもありますが、
    嘘をつけばいいというものでもない。
    あらゆる点で、賢くなければいけないわけです。
    事故を起こすことの悲惨さも分かり、
    交通安全、というか、事故を起こさないよう意識づけられます...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!