示談交渉人裏ファイル

示談交渉人裏ファイル

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「俺たちの仕事をやりにくくしてくれて、どうもありがとう」。交通事故被害者の立場から自動車保険や査定システムの問題点を告発するジャーナリスト・柳原氏に届いた一通の手紙。それは、損保会社や運送会社で交通事故の損害調査、示談交渉を長年手がける浦野氏との出会いの始まりだった。治療費打ち切り、交通事故偽装、尾行、談合、葬式列席マニュアル……弁護士さえ知らない示談交渉の生々しいやりとりと、査定現場の驚くべき実態が明らかにされ、損保業界や交通行政の問題点が浮かび上がる、衝撃のルポルタージュ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年03月04日
サイズ(目安)
1MB

示談交渉人裏ファイル のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    goatard3 2021年10月24日

    普段、事故に遭わない限りは、ただただ保険料を払い込んでるだけで、いいことばかりが書いてあるパンフレットを通してしか接することのない損保会社ですが、やはり当然損保会社も営利企業な訳で。いろいろ勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    「落とし穴」をあわせて読むべき

    にゃんこ先生の弟子 2017年06月11日

    「自動車保険の落とし穴」では主に被保険者の視点からかかれたものだが、こちらは支払う保険会社側からの目線で自動車保険のことが描かれていて、両方読めば両方の立場がうかがい知れてバランスがいい知識が得られると思う。
    知り合いの損保のセールスマンを死者に鞭打つろくでなしのような目線で見てしまっていたが、こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月02日

    あるある、って感じの内容が暴露されてます。
    程度の差はあれ、今でもありますね。
    正直者が損をすることの典型例でもありますが、
    嘘をつけばいいというものでもない。
    あらゆる点で、賢くなければいけないわけです。
    事故を起こすことの悲惨さも分かり、
    交通安全、というか、事故を起こさないよう意識づけられます...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング