阿川大樹の一覧

「阿川大樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/08/07更新

ユーザーレビュー

  • 終電の神様
    読みやすかった。
    電車にまつわる物語。7つ。
    電車って誰でも乗るし、いろいろな理由で止まることもよくある。あんなにたくさんの人を乗せた空間でいろんな思いがあるのは当然のことで、すごく身近に感じた。
    個人的には「高架下のタツ子」「ホームドア」が感極まって泣きそうになった。
    通勤通学で電車を使っている人...続きを読む
  • 終電の神様
    大変楽しく読みました。
    ストーリーのアイデアが良く映像としても観てみたいと思いました。表紙のデザインも素敵、2作目も同時購入しました。
  • 終電の神様
    電車の遅延。それは故障だったり、事故だったりで…。

    電に乗り合わせた人や、当事者が主人公の短編小説。

    危篤の父親のもとに駆け付ける「閉じない鋏」、ホームでの転落事故の際、助けてくれた人を33年間探し続けていた「ホームドア」がよかったな。
  • 終電の神様
     理容師のお父さんがガンで死んで最後にはさみ握れなくて美味しいお寿司食べれなくてみたいな話すごい泣けた。感動した。どうせこんな早く死ぬなら手術なんてさせなければよかったっていうやつ。つらいな。


     33年前に助けてくれた人探すためにキヨスクで仕事しててやっと見つけれたナカノさん、みたいな。名乗らず...続きを読む
  • 終電の神様
    電車を利用する、またそれに関わる人の十人十色なドラマを描いた7つの短編は読後の余韻に浸れるほっこり感が深いものばかりでした。そのうちの一篇、競輪選手との恋愛話は自ら招いた不幸に酔うさまがいかにも女性特有の考え方だなあと改めて違いを認識しました。