「ヴィクトル・ユゴー」おすすめ作品一覧

【ヴィクトル・ユゴー】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

値引き
九十三年
756円(税込)
値引き
ノートルダム・ド・パリ(下)
値引き
ノートルダム・ド・パリ(上)
値引き
レ・ミゼラブル(下)
値引き
レ・ミゼラブル(上)

作品一覧

2016/09/24更新

ユーザーレビュー

  • レ・ミゼラブル (下)
    下巻になり、マリウス、コゼット、ジャン・ヴァルジャンを取り巻く環境が一変し、急にフランス革命の戦闘に巻き込まれていきます。戦闘シーンの描写は臨場感溢れる記述で、写実的。人間が人間を愛することの素晴らしさを感動的に描いた名作だと思います。
  • レ・ミゼラブル (上)
    現代の日本社会では考えられないような不遇な人たちがたくさん出てきます。そのような人々も、貧しさや厳しい人間関係の中でも、希望を失わず、懸命に生きていく姿を描いた小説です。絶望の中の希望という言葉がしっくり来ました。そして、人は信仰によって変わることができるということ・・・ジャン・ヴァルジャンの変貌ぶ...続きを読む
  • レ・ミゼラブル (下)
    ぃやー、意外だったよね。
    レ・ミゼラブル、実はミュージカルも観たことないんだ。
    どないにしてロングセラーなのかと思ったら、意外と面白かった。
    なぜか?
    *まず、思った以上にドラマ性がある。なんというか、盛り上がる場面が随所に出てくるね。
    *そして、精神的であると同時に社会的。
     主人公その他の内面を...続きを読む
  • レ・ミゼラブル (下)
    この角川文庫がだしている『レ・ミゼラブル』は、ハーバード大学の教授がユゴー作の原作にある過剰なほどの背景説明を省き、編集しなおしたものを和訳し出版したものである。なので原作ではまず間違いなく途中で挫折していただろうが、まったく苦に感じることなく楽しめて読めた。
     個人からの視点で社会の無情さを痛感さ...続きを読む
  • レ・ミゼラブル (上)
    「世間は震撼せども、十字架は微動だにせず」

    レ・ミゼラブルを読みやすくした本。新潮文庫こそレ・ミゼラブルだという人もいるが、読みやすいこちらから手をつけるのがいいだろう。面白いと思って、さらに詳しく読みたい人はそちらを読めばいい。

    ジャン・ヴァルジャンは悪人だった。生きるために心を汚した。しかし...続きを読む