「森瑤子」おすすめ作品一覧

「森瑤子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/03/18更新

ユーザーレビュー

  • 夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場
    このタイトル、何て秀逸なのだろう。
    読み終えた後このタイトルをしみじみと見つめて、センスの高さを感じた。

    主人公は三人の娘を持つ小説家。末娘の問題行動がきっかけでセラピストによるカウンセリングを受け始めるが、そうなった原因は、彼女自身がいわゆる毒母に育てられたことにもあったということが分かる。
    ...続きを読む
  • 情事
    30歳過ぎの既婚キャリアウーマンは、夫子が週末別荘へ行くのを狙って浮気をする。女として夫から見てもらえない不満から別の男へ走ってしまう。でも、夫子が一番大事であるからばれる前に別れてしまうが、その期間の愛情は激しく思う。これが本当の女心だと思う。
  • 終りの美学
    森瑤子さん最後のエッセイ。子供女の子3人とイギリス人の夫を持つ作家。夜遊び、酒、海外旅行が好きで、バンクーバーの島ガルフ・アイランドの1つに別荘を持つ。自由奔放な人だが、憎めないと思った。風と共に去りぬが好きで、続編は自分が書きたかったらしい。不可能になった時点で、翻訳をかってでたという。
  • 香水物語
    大好きだ。微かな香りがするような文章に酔った。おかげで香水狂いになった。今でも読むと、あの香りと共に当時の記憶が蘇る。
  • 恋愛関係
    解説:海原純子
    棄てられたふりして男を棄てるいい話ー前書きにかえて
    から、飛ばしている。

    思い切りのいい文章が、「小説家は小説だけ書いて入ればいいのに」と言う割に、筆の運びが滑らかのように感じる。
    すごい人なのだろう。

特集