情事

情事

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【第2回(1978年)すばる文学賞受賞作】「自分が、若さを奪い取られつつあると感じるようになると、反対に、性愛に対する欲望と飢えが強まっていった。セックスを反吐が出るまでやりぬいてみたいという、剥き出しの欲望から一瞬たりとも心を外らすことができない期間があった」夏の終わり――夕暮が突然輝きを失い、若さへの不安が私を奔放な性に駆りたてる。情事をひたすら追求して、“すばる文学賞”を受賞した話題作。「誘惑」も併載。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年06月06日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2014年09月03日

30歳過ぎの既婚キャリアウーマンは、夫子が週末別荘へ行くのを狙って浮気をする。女として夫から見てもらえない不満から別の男へ走ってしまう。でも、夫子が一番大事であるからばれる前に別れてしまうが、その期間の愛情は激しく思う。これが本当の女心だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年03月12日

誰かを愛する事
愛して愛してどうしようもなくなる事
愚かな事
えげつない事
切ない事
めくるめいて悦ばしい事
秘めて苦しい事
官能にうちふるえる事

そんな事のひとつひとつが、
研がれた美しいナイフのように
体の細部を突いてくる

野生の獰猛のごとく
体中をすばやくめぐる

情事のごとく耽溺しぬきた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月28日

『情事』『誘惑』の二編。森瑶子さんを初めて読む。主人公が女性であり、女性目線であることがまた男性とは違う恋愛(浮気)感情を綴る。
登場人物がイギリス人である設定と美しい文章の表現が情景を一層浮世離れさせているのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月17日

結婚生活が不幸だ、もう女性としての賞味期限が終わる、とそんな理屈で夫以外の男に簡単に抱かれる女性が出てくる二編。こういう情念は理解できるし、別に夫側の視点じゃなくて彼女たちの情人側の視点で読めばいいのに、どうしてもなんかそうできずにしっくりと読めなかった。結婚を選んだ2人がすれ違っていく心理描写がと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月02日

初読

エッセイは大好きだったし、小説もいくつか読んでたけど
デビュー作は読んでなかったのよね
エッセイで何度も言及されてたのだけど。

これは…デビューするよね。
実体験的センセーショナルな部分より、文体そのものの方が印象的。
濃厚で、繊細で、酔うような。

小学生だった私が40歳の年齢だけは立派...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「情事」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play