松家仁之の一覧

「松家仁之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/04/05更新

ユーザーレビュー

  • 火山のふもとで
    とても良い本と出会えた。静かで、穏やかで、少しの孤独を含んだ、独特の本の世界だった。先生の話す言葉は、印象に残るものがたくさんあった。
  • 光の犬
    文体がさほど難しいわけではなく読みやすいのだけれど、物語が一つの家族の何世代に渡った時代のエピソードをちりばめながら進んでいくので、サーと読み流すことができず、じっくりゆっくり読み進んでいきました。ここまで作者によって計算された事なのでしょうね。久しぶりに読み応えがある本、しっかりと満足感のある本で...続きを読む
  • 光の犬
    約110年!の物語。場所も時間軸も前後左右、自在にwarpします。が、惹き付けられてどの細部も素晴らしい。『沈むフランシス』表紙写真の犬、参考までに。
  • 光の犬
    デビュー作「火山のふもとで」は格調高い文学作品で、ブルジョア臭がプンプンしつつもそこがまた悪くない佳作でした。デビュー作でこれかよと目を見張りましたが、そもそも編集者な上に大昔に一度文学賞受賞歴があったようです。

    本作は4作目にあたるようですが、今作もまた重厚な作品で、面白いとか楽しいとか、悲惨と...続きを読む
  • 火山のふもとで
    静かで丁寧で美しい描写にため息が出ました。
    淡々と進んでいきますが、過ぎ去った過去を懐かしむ、ということなら納得です。
    建築には詳しくありませんが、作中に出てくる建物のモデルがあるならぜひ足を運んでみたい。特に飛鳥山教会は、見たこともない建物なのにすっかり気に入ってしまいました。