「郷原信郎」おすすめ作品一覧

「郷原信郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/08更新

ユーザーレビュー

  • 検察の正義
    検察もの、とくに特捜系の話はがっくりさせられるものが多いですが、「長崎の奇跡」の紹介が、最後に世の中捨てたものじゃない、ということを教えてくれます。
  • 「法令遵守」が日本を滅ぼす
    コンプライアンスとは「法令順守」ではなく、「社会的要請への適応」と解釈すべきと作者は問う。
    本来、何のために法律が存在するのか?単純に法律を遵守する事が社会の要請に応える事にはなっていないにも関わらず、「法令を守れば良い」、「法令に従って物事の是非を判断すれば良い」と単純化されていないか、作者は警笛...続きを読む
  • 企業はなぜ危機対応に失敗するのか 相次ぐ「巨大不祥事」の核心
    食品偽装としては同じ内容だったのに、プリンスホテルと阪神阪急ホテルズでは、なぜあんなにも,マスコミ対応が違ったのか・・・非常に興味深い一冊です。
  • 「法令遵守」が日本を滅ぼす
    細かい条文がどうなっているなどということを考える前に、人間としての常識にしたがって行動すること。そうすれば、社会的要請にこたえられる。
    本来人間がもっているはずのセンシティビティというものを逆に削いでしまっている、失わせてしまっているのが、今の法令遵守の世界

    組織が社会の要請にこたえるためには
    ...続きを読む
  • 組織の思考が止まるとき 「法令遵守」から「ルールの創造」へ
    組織、コンプライアンスを軸に検察から一般企業のあり方を勉強させられます。

    「厚労省の冤罪をめぐり検察の問題点を指摘する本」と、勝手に思い込んで読み始めた私が、本書の真意を理解するまでには正直時間がかかりました。また、頭を回転させながらでないと内容理解できないので、気楽に読み始めて暫くはなかなか先に...続きを読む