郷原信郎の一覧

「郷原信郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2020/04/15更新

ユーザーレビュー

  • 「深層」カルロス・ゴーンとの対話~起訴されれば99%超が有罪になる国で~
    【ゴーン氏の事件のように、役員報酬の記載が有価証券報告書虚偽記載の犯罪として摘発された例はなかったのに、「未払いの役員報酬」の問題でいきなり経営トップを逮捕・起訴するというような、経済社会の常識に反する検察のやり方がまかり通るのであれば、検察が、上場企業の経営権の帰趨を左右することになる。それはコー...続きを読む
  • 思考停止社会 「遵守」に蝕まれる日本
    自分の業界、専門でも「思考停止」だと思うことがままある。
    欧米との比較論で単純に批判してきたが、
    本書を改めて読んでみると、日本社会全体に巣食う病理であることが分かる。

    ・食品「偽装」「隠蔽」
    ・経済司法の思考停止
    ・司法への市民参加(裁判員制度)の思考停止
    ・厚生年金「改ざん」の思考停止
    ・マス...続きを読む
  • 検察の正義
    検察もの、とくに特捜系の話はがっくりさせられるものが多いですが、「長崎の奇跡」の紹介が、最後に世の中捨てたものじゃない、ということを教えてくれます。
  • 「法令遵守」が日本を滅ぼす
    コンプライアンスとは「法令順守」ではなく、「社会的要請への適応」と解釈すべきと作者は問う。
    本来、何のために法律が存在するのか?単純に法律を遵守する事が社会の要請に応える事にはなっていないにも関わらず、「法令を守れば良い」、「法令に従って物事の是非を判断すれば良い」と単純化されていないか、作者は警笛...続きを読む
  • 企業はなぜ危機対応に失敗するのか 相次ぐ「巨大不祥事」の核心
    食品偽装としては同じ内容だったのに、プリンスホテルと阪神阪急ホテルズでは、なぜあんなにも,マスコミ対応が違ったのか・・・非常に興味深い一冊です。