「東江一紀」おすすめ作品一覧

「東江一紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:東江一紀(アガリエカズキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年09月06日
  • 出身地:日本
  • 職業:翻訳家

「あがりえ かずき」と読む。北海道大学文学部英文科卒。『氷の微笑』、『レクサスとオリーブの木』、『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち マイケル・ルイス』などの翻訳を手がける。「楡井浩一」名義でも活動。2014年死去。

作品一覧

2016/01/15更新

ユーザーレビュー

  • 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち
    去年だったか海外出張の際に機内で途中まで観た『マネー・ショート』の原作。著者は『マネー・ボール』のマイケル・ルイス。サブプライムの証券化の胡散臭さにいち早く気付き、その破綻に賭けた3人(3グループ)の勝ち組を追ったノンフィクション。「勝ち組」とはいえ、それぞれが訳ありな生い立ちを歩み、その人生観を反...続きを読む
  • フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち
    株式市場におけるHFT等、「捕食者」の捕食活動から投資家を救うべく、RBCのトレーダーという身から転じてIEXを創設したBrad Katsuyamaの話を中心に展開していく、マイクロ秒を今や争うようになった、そしてその結果目に見えないところで株式市場が"rig"されていることを克明に記録している本。...続きを読む
  • 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち
    信用の低いローン・債券を書きあつめてさらに合成したらデフォルト率が低くなる訳ねーわな。
    でもこの手のビジネスプランや事業計画や見込みの立て方って結構あるよね。
  • 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち
    正直、CDSなどの仕組みについては、さっぱりわからないまま読み終えた。著者が巻末のエッセイで、自分の母親を念頭に、と書いているけど、ざんねんながら、お母さんも一度読んだだけではわからないだろう。でも、それでも読み続けると思う。それはやっぱりノンフィクション作家としてのマイケル・ルイスの腕、というか、...続きを読む
  • 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち
    ちょっと読みにくいところもあったけど、全体としてやはりかなり読ませる。映画も楽しみ。サブプライムローン問題も全然理解できておらず、多少は理解できるようになった(と思う)

特集