魚住孝至の一覧

「魚住孝至」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/07/30更新

ユーザーレビュー

  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想
    ドイツ人哲学者であるオイゲン・へリエルによって、東洋において語られる「無心」がどのようなものかを著している。
    著者の実体験によって、無心の境地である「禅」がどのようにして体験したのかを、段階的に解説しているため、丁寧で読みやすい。
    前半部にある「武士道的な弓道」は、本編である「弓と禅」の概略の様な体...続きを読む
  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想
    翻訳家の魚住氏の美しい日本語訳を本の内容を一層際立たせる感じでした。
    目標は小手先の技だけでも達成できるかもしれないし、ある程度のレベルまで行けるかもしれない。しかし、稽古を重ねてきちんと会得した技であれば、何にでも活用できる。
    短期間で達成できるかもしれないし、長期にわたるかもしれない。とにかく日...続きを読む
  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想
    神秘体験に関心のあった一人のドイツ人哲学者が日本に来て弓道を学んだ体験記で、短い本なのだが、これほど強く感銘を受けたと感じたのは久しぶり。日本の武道とそれが志す精神性が、はっきりと浮かび上がってきてとても感動した。日本文化に馴染みのない外国人だったからこそ、ここまで丁寧に浮かび上がらせることができた...続きを読む
  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想
    2016年64冊目。

    西洋哲学の研究者であった著者が、日本滞在中に学んだ弓道の中に禅の思想を見出していく。
    的を狙ってはいけない。射ようと思って射てはいけない。
    「無心」の為せる技。術なき術。
    満を持した時に自然と放たれる矢は、「私」ではなく「それ」によって放たれているという。
    自己に集中している...続きを読む
  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想
    講演録と「弓と禅」を一冊に収め、新たに訳したもので、充実した解説も付されて、オイゲン・ヘリゲルが経験したことがより深く理解できるようになっています。何度読み返しても感動します。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!