新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想

新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「考えるのをやめなさい」。日本滞在中に弓道を学んだドイツ人哲学者ヘリゲルは、自我を捨て心を無にして的を射よと説く師の言葉に、あらゆる道に通底する禅の奥義を感得する。精神集中と身体の鍛練によって、いかに「無心」となり得るのか。世界中で愛読され続ける日本論の名著を新たに訳し下ろし、講演録や鈴木大拙の序文とともに収録。最新研究を踏まえた解説により、日本的な武道と芸道、そして禅の真髄を解き明す決定版!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
シリーズ
ビギナーズ 日本の思想シリーズ
電子版発売日
2015年12月25日
紙の本の発売
2015年12月
サイズ(目安)
3MB

新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年01月28日

    神秘体験に関心のあった一人のドイツ人哲学者が日本に来て弓道を学んだ体験記で、短い本なのだが、これほど強く感銘を受けたと感じたのは久しぶり。日本の武道とそれが志す精神性が、はっきりと浮かび上がってきてとても感動した。日本文化に馴染みのない外国人だったからこそ、ここまで丁寧に浮かび上がらせることができた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月20日

    2016年64冊目。

    西洋哲学の研究者であった著者が、日本滞在中に学んだ弓道の中に禅の思想を見出していく。
    的を狙ってはいけない。射ようと思って射てはいけない。
    「無心」の為せる技。術なき術。
    満を持した時に自然と放たれる矢は、「私」ではなく「それ」によって放たれているという。
    自己に集中している...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月26日

    講演録と「弓と禅」を一冊に収め、新たに訳したもので、充実した解説も付されて、オイゲン・ヘリゲルが経験したことがより深く理解できるようになっています。何度読み返しても感動します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月13日

    2部構成で、1部はドイツでの講演会。
    岩波は、仙台での講演会。

    わかりやすいのは、岩波。

    福村のはむずかしいので、
    あんちょこで、これ。

    でも、読んでよかったわ。
    人生の問題の9割がたのところまで来た。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    ジャンプの漫画みたいです。東洋哲学は理論でないので経験したものでしかわからない境地です。その点の説明はわかりづらいかも知れません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月18日

    無心になることで、自然な離れがなる。弓道の修行を通じて、禅の真髄を知る。ドイツ人の視点から見た、日本人の精神性。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月20日

    全てに合わせながら、全てを自らに適応させる水のように「無心」になるにはどうすればよいのか。
    ドイツ人哲学者であるヘリゲルが弓の修行を通じてそれを得るまでの過程を述べた本書は、外国人が禅を知るための本として、スティーブ・ジョブズも愛読していたと言うことで手に取ってみた。

    原著は60年も前のものだが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月15日

    弓道を通じ、禅とは何かに辿り着いた、著者の実体験を記した書
    それゆえにリアリティがある
    スティーブ・ジョブズの愛読書でもあった

    意識を超えた無心の行為=禅
    とても深く、難しい内容ではある
    しかし、呼吸法やルーティンについての言及部分などは、素人ながらも理解が及んだ
    また、「快・不快の間を行き来する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています