芭蕉 最後の一句 ──生命の流れに還る

芭蕉 最後の一句 ──生命の流れに還る

作者名 :
通常価格 1,595円 (1,450円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

旅に病んで夢は枯野をかけめぐる──松尾芭蕉、最後の句として知られる死の四日前深夜の「病中吟」である。日々旅にして旅を栖とした俳聖の、最期のイメージに相応しい。けれども実はその翌朝、弟子二人を枕頭に呼び「清滝や波に散り込む青松葉」を遺している。「改作」というのだが、これこそが辞世の句である。「不易流行」「軽み」そして最後の一句へと、境涯深まる芭蕉最晩年の五年半に焦点を当て、その実像に迫る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
筑摩選書
電子版発売日
2019年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

芭蕉 最後の一句 ──生命の流れに還る のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2011年11月04日

    松尾芭蕉の最後の句は、
    「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」
    ではなくて、
    「清滝や波に散り込む青松葉」
    であるという。6月に詠んだ「清滝や波に塵なき夏の月」の改作が最後だなんてイメージが壊されたが、俳句は「読み込み」が前提の芸術なのだから、論旨に付き合おうではないか。この句は嵯峨の奥の清滝川を詠んだも...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

筑摩選書 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング