瀧波ユカリの一覧

「瀧波ユカリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:瀧波ユカリ(タキナミユカリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:マンガ家

日本大学藝術学部写真学科卒。2004年『臨死!!江古田ちゃん』でアフタヌーン四季賞冬のコンテストで四季大賞を受賞しデビュー。その他『おねがい!!オヤジ様』、『女もたけなわ』などの作品を手がける。育児エッセイ『はるまき日記』なども執筆。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/25更新

ユーザーレビュー

  • ありがとうって言えたなら
    母と娘という関係以上に
    人間として 一生懸命生きている人として
    見つめる姿がありました
    すれ違う人ひとりひとり
    違う終わり方があるということを
    思わせてくれた本で
  • ネオ寄生獣 1巻

    素晴らしいトリビュート!

    どれも面白かったけど特に太田さんと熊倉さんのが面白かった。
    どの作家さんの作品からも愛を感じました。買ってよかったです!
  • モトカレマニア 2巻
    誰しも心の中にいろいろな"〇〇担当大臣"がいるよね。
    瀧波ユカリさん、うまいなぁ。

    毎度毎度、面白くて吹き出し以外の手書き部分も熟読してしまう。
  • ありがとうって言えたなら
    ほとんどの人に訪れる親との別れの瞬間。「親がいるから今の自分がある」とおもうのだけど、なかなか感謝の気持ちは伝えられないもどかしさが伝わってきた。また、親が死んだときの色々な手続きの煩雑さがリアルに伝わってきた。
  • 自分を好きになろう うつな私をごきげんに変えた7つのスイッチ
    Twitterに愚痴ばっかり書く、暗いことばかり考える、部屋はゴミ屋敷、身だしなみに気を使わなくなる(本文から)
    こういう状態って、共通しているものなんだなと実感。
    自分と重なりすぎて途中は、読み進めるのが辛かった。
    そして言葉によって心を変える方法論も、実は同じようなものが世界のあちこちで生まれて...続きを読む

特集