「森史朗」おすすめ作品一覧

「森史朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/19更新

ユーザーレビュー

  • 暁の珊瑚海
    <ガダルカナルとは>

    ラバウルからガダルカナルまでは、東京から下関くらいの距離がある。

    <薄暮攻撃(夕方に攻撃出発)の緊張感>

    レーダー、GPSがない当時、母艦に戻るのも一苦労である。限られた燃料で、母艦を探すのも一苦労、ましてや夜の闇の中では・・・・。

    母艦が見つからない場合、海中の藻屑と...続きを読む
  • 司馬遼太郎に日本人を学ぶ
    日本陸軍の不条理に立ち向かい、指揮命令した参謀の非道さを糾弾する司馬さんの小説が読みたい。

    とりあえず「この国のかたち」を読もうと。
  • 司馬遼太郎に日本人を学ぶ
    司馬さんの事が書かれている。深く日本と日本人の事を司馬さんが考えていた事に真摯に感動した。今サラリーマンとして働いてるが働く人も歴史を考えながら未来を考えながら働いていかないとダメではないか?教養がサラリーマンも大切だなと、それが働く姿勢に繋がる事に自分で実感しつつある事に、自分で気付いた事に少しだ...続きを読む
  • 暁の珊瑚海
    【勝利の女神は錯誤、失敗の少ない方に微笑む。史上初の空母対空母の海戦、互いに相手を見ることのない航空決戦であった珊瑚海海戦を描いたノンフィクション戦記】
    海軍小唄の1番の歌詞「椰子の実のなるラバウルで今日も出ていく戦闘機。往くはガ島かモレスビか。命捧げて国のため。」
    歌詞に出てくるモレスビが舞台、昭...続きを読む
  • 松本清張への召集令状
     清張という人の本や映画を同時代で読んだり見たりした人間と、かつての有名な作家として読む人の差は、司馬遼太郎等々他の人気作家の作品以上に落差が大きいように思う。
     同時代に生きた読者にとっての清張の本の不気味さは主人公そっくりな人間が気が付いたら読者の身の回りのあちこちにいたというところにあり、また...続きを読む

特集