司馬遼太郎に日本人を学ぶ

司馬遼太郎に日本人を学ぶ

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
紙の本 [参考] 979円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

司馬遼太郎の作品は何から読めばいいのか?

長編、短編あわせて67編。テーマは戦国時代から江戸期、明治維新へと多岐にわたり、エッセイや紀行文『街道をゆく』では日本各地のみならず、モンゴル、中国、北米、ヨーロッパへと足を伸ばす。
驚異的な仕事を遺した前人未到の巨人作家、司馬遼太郎。

司馬遼太郎の謦咳に接した担当編集者で、戦史家の著者が、偉大なる作家の秘話をまじえつつ、その豊穣かつ膨大な作品世界への取り組み方を若い世代へ伝授。

日本人が誇るべき共通の財産、司馬作品、格好の読書ガイド。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
336ページ
電子版発売日
2016年02月19日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

司馬遼太郎に日本人を学ぶ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月20日

    日本陸軍の不条理に立ち向かい、指揮命令した参謀の非道さを糾弾する司馬さんの小説が読みたい。

    とりあえず「この国のかたち」を読もうと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月04日

    司馬さんの事が書かれている。深く日本と日本人の事を司馬さんが考えていた事に真摯に感動した。今サラリーマンとして働いてるが働く人も歴史を考えながら未来を考えながら働いていかないとダメではないか?教養がサラリーマンも大切だなと、それが働く姿勢に繋がる事に自分で実感しつつある事に、自分で気付いた事に少しだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    2017/7/1流し読み。一番「燃えよ剣(土方)」だそうな。「坂の上の雲」のイントロになるか。★4の下

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    司馬遼太郎の作品は長編・短編あわせて67篇におよぶ。さらにエッセイ・評論などを加えると無限に近い。
    しかも一つの長編は文庫本にすると3巻~10巻ものボリュームがある。
    かなり以前に司馬作品を100冊読破したので、もう読む作品も少ないだろうと思って調べたら、読んでいない作品がまだまだあったのに驚いた記...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月23日

    司馬遼太郎のガイドブックだった。売れっ子なのでなんとなく知ってるタイトルだがちゃんと読んだのは竜馬がゆくだけでした。坂の上の雲はドラマがとても好きでしたが最期の2話くらい見終えてないかも。。(1話だけで映画くらいのボリュームある)
    だいぶ日本の近代史はこの人が作ってる気がする

    著者のおすすめ順
    1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    20160410 いつまでも読み継がれる国民作家。まとめて作品を見た事がなかったので読んでなかった本もそうだし読んだ本も読み直ししたくなった。司馬さんの本が読まれているうちはまだ大丈夫かも知れない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています