松本清張への召集令状

松本清張への召集令状

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
紙の本 [参考] 979円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

昭和18年の秋、家族六人を支える中年の版下職人、松本清張のもとへ突然の召集令状がきた。34歳にして戦場へ送られた体験がこの作家の根底に残した深い傷へ、担当編集者だった著者が迫る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(ノンフィクション)
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
320ページ
電子版発売日
2015年07月31日
紙の本の発売
2008年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

松本清張への召集令状 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月02日

    清張の兵隊へのとられ方は、大岡昇平のそれとよく似ている。30歳代、妻子持ち。恣意的であることをうかがわせる人選。生きて還ることが期待できず、遺された家族の苦痛や苦労がまじまじと想起される状況。絶望の大きさは計り知れない。
    ひとの欲にまみれた描写の多い社会派作品を今に読むとき、清張の軍隊経験やサラリー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月03日

     清張という人の本や映画を同時代で読んだり見たりした人間と、かつての有名な作家として読む人の差は、司馬遼太郎等々他の人気作家の作品以上に落差が大きいように思う。
     同時代に生きた読者にとっての清張の本の不気味さは主人公そっくりな人間が気が付いたら読者の身の回りのあちこちにいたというところにあり、また...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年04月16日

    [ 内容 ]
    一家七人を支える中年版下職人に、意外な赤紙が届いた。
    その裏事情とは?
    後の作品に託した叫びとは?
    担当編集者時代の私的メモをまじえ、戦争が残した深い傷に迫る究極の作家論。

    [ 目次 ]
    第1章 松本清張への召集令状
    第2章 最初の軍隊生活
    第3章 ある日の松本清張
    第4章 孤高の作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています