「渡辺誠」おすすめ作品一覧

「渡辺誠」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/07更新

ユーザーレビュー

  • 殿下の料理番 皇太子ご夫妻にお仕えして(小学館文庫)
    ふかし芋の皮の部分がお好きだった昭和天皇に、わざわざ綺麗に皮を
    むいてお出しして「美味しくない」といわれたり。お皿に載せるもの
    はすべて食べられなくてはいけないのに、柏餅を葉つきのままお出し
    したり。

    緊張しながらもいろいろやらかしていた宮内庁大膳課の料理人だった
    渡辺誠氏の『昭和天皇の...続きを読む
  • 殿下の料理番 皇太子ご夫妻にお仕えして(小学館文庫)
    宮内庁の料理人だった渡辺誠さんの著書。天皇陛下のお食事については渡辺さん以外にもいろいろな人が本を残しているが、皇太子殿下についての本を書いているのは渡辺さんくらいのような気がする。

    この本を読むと、皇太子殿下が我々一般人の生活を理解しようとしている姿勢がとてもよくわかる。また、料理人や周りの職員...続きを読む
  • もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学
    これほどまでに自分に起こりえない「もしも」は、想像すると逆にとても面白い。自分が皇居の晩餐会に招かれることなど、おそらく絶対に一生ありえない。だからこそ冷静に面白く読むことができた。

    やはり、宮中で実際に働いていた人の言葉にはリアリティと重みがある。厳しい世界の厳しい仕事ではあっても、やりがいを感...続きを読む
  • [新訳]兵法家伝書 強いリーダーの条件とは何か
    ヘタな小説より楽しかったので、レビューがノリノリになってしまった。って兵法家伝書のレビューというのも、そもそもおこがましい話ではないか。

    新訳の名に恥じない分かりやすい現代語訳で、古典にありがちな解読のストレスを感じることなく読み終えることができた。
    言うまでもなく、柳生新陰流の奥儀を知ることので...続きを読む
  • [新訳]兵法家伝書 強いリーダーの条件とは何か
    徳川将軍家の兵法である、柳生新陰流の柳生宗矩が著した名著。とてもわかりやすい編訳と解説で書かれています。禅と剣術との架け橋といえる本書は、現代のビジネスマンに対しても有用な考え方であることが語られています。