「柳宗悦」おすすめ作品一覧

「柳宗悦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/10/23更新

ユーザーレビュー

  • 手仕事の日本
    解説の言葉に、心が痛みます。

    「『手仕事の日本』はまだ手仕事が各地方の生活の中でいきいきと働いていた昭和十年代の姿を、これからの日本を背負って立つ若者たちのために書き残す仕事であった。結果としては、滅びていった手仕事の遺書となってしまった。」


    今では見る事が出来ない、すばらしい日本の姿がありま...続きを読む
  • 民藝とは何か
    ・・・・・書きかけ・・・・・


    柳宗悦は、49年前の1961年5日3日に72歳で亡くなった思想家・美学者・宗教哲学者。
  • 手仕事の日本
    実用的なものは、なぜ美しいのか。それは、実用的なものは健康的であり、健康的であるということは一番自然で、素直で、正常な状態であり、そのようなものに人は美しさを感じるからである。
  • 手仕事の日本
    民藝が失われることはそれを使っていた生活(伝統)と、社会関係、それを生み出し使ってきた美意識、そして風土への感性を失うことだ。僕たちの課題は、民藝を芸術として鑑賞するのではなく、民藝を生み出した生活を学ぶことだ。そして新たな民藝を創り出すことであり、今ある民藝を支えることである。
  • 手仕事の日本
    昭和17年12月~18年1月に書かれた。
    柳は手仕事の現状を示し、将来に向かっていかに発展させるか、という課題をもって書いた書物であるにもかかわらず、戦争、戦後の混乱、さらに近年の高度成長に伴う社会の変貌はまた別の意義をこの書物に荷わせた(解説より)。

    各県の手仕事が示される。
    真っ先に三重県をチ...続きを読む

特集