エドワード・ケアリーの一覧

「エドワード・ケアリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/12/04更新

ユーザーレビュー

  • 堆塵館
    三部作、貪るように読みました。子供の頃ハリーポッターにハマった時と同じ気分を味わえました。
    ティムバードンの世界観が好きな人にはおすすめ。映画化に期待…!
  • おちび
    ロンドンに実在する蝋人形館の経営者であるマダムタッソーの人生を描いた作品。
    決して美人ではなく、恵まれた環境にもおかれないマリーが、たくましく、貪欲に、力強く人生を生きていく姿が一冊を通して描かれていると思います。
    この物語の面白いところは聖人君子のような人間が出てこず、全員が一癖も二癖もあるような...続きを読む
  • おちび
    蝋人形館で有名なマダム・タッソーの波乱に満ちた人生を、彼女の自叙伝の形で描いたフィクションです。

    素晴らしく、感動する秀作です。

    これまで経験したことがない、新しいタイプの小説で、ケアリーの他の作品も読んでみたくなりました。

    著者、自身による挿絵も良かったです。




  • おちび
    マダム・タッソーの伝記風小説.15年かかったという歳月が決して無駄ではない熟成された物語.小さなマリーが心の中の大きな愛を抱えて強く健気に生きていく.物語の前にまず小さなマリーの人形があったというのもむべなるかな,そのマリーへのケアリーの愛がしみじみ感じられる風変わりで歴史に忠実な物語だった.それと...続きを読む
  • 肺都
    こうなってほしいなあという期待は裏切らない形で終わったので何もかも大満足.ロンドンの薄暗い犯罪の潜むビクトリア女王治世の雰囲気が炙り出されたかのような,もちろんもっとそれを膨らませ汚穢に満ちた舞台で生き生きと動き回る物や人間にアイアマンガー達.挿絵も素晴らしかった.