エドワード・ケアリーの一覧

「エドワード・ケアリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/07/12更新

ユーザーレビュー

  • 飢渇の人 エドワード・ケアリー短篇集
    表現の仕方がたまらなく好き!

    動物や昆虫に家族の名前をつけて寂しさを紛らわす1人者だったり、頬張る様子が『空豆が空豆を追いかけて、体のなかに入っていく』と表現されていたり、目の付け所がとてもユニーク!

    甲乙つけがたいんだけど、「私の仕事の邪魔をする隣人たちへ」と「かつて、ぼくたちの町で」が特に好...続きを読む
  • 肺都
    ページ数が少なくなるにつれて、ああ、まだ終わらないでと思ってしまうくらい、愛しい物語でした。

    訳者のあとがきを読み、作者の物に対する溢れるほどの想いの深さを知ると共に、物語のテーマの深さも伺い知れたような気がします。物と人との関係性について。それは、決して薄いものではないこと。特に、ローランド・カ...続きを読む
  • おちび
    おもしろかった…!
    ずっと読みたかったんだけど値段にビビって買えずにいた♡
    結果買ってよかった…!久々に続きが気になって睡眠削ってまで読んでしまった。
    大好きなマダムタッソーミュージアム。
    本当楽しくて何回も行ってるけどその歴史は全然知らなかった。

    まさかのこんな苦労人の女性だったなんて。
    もちろ...続きを読む
  • 穢れの町
    舞台はルーシーの故郷、穢れの町へと移り、辛い現実を、さも当然であるかのように受け入れている人々に対するルーシーの勇気ある行動が気高く、まるで革命を起こす中心的人物であるかのよう。

    ルーシーに負けず劣らず、クロッドの成長も清々しいものがある。かつてはアイアマンガー一族であることに、なんの疑いもなくひ...続きを読む
  • 堆塵館
    最初こそ、設定の奇抜さに戸惑ったが、世界観を理解した瞬間、変わりました。これは面白い。

    十代の少年少女向けに書かれたというのも、奇妙な絵や世界観でありながら、単純に「クロッド」と「ルーシー」のハラハラドキドキの大冒険にハマってしまい、読書の止めどきが難しい感じで分かる。

    それにしても、この世界観...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!