森薫の一覧

「森薫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森薫(モリカオル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1978年09月18日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

2001年『エマ』第1話でデビュー。代表作『エマ』は『英國戀物語エマ』『英國戀物語エマ 第二幕』のタイトルでそれぞれテレビアニメ化されている。また、同作で第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門 優秀賞を受賞。主な作品の一つである『乙嫁語り』では2014年マンガ大賞も受賞している。

作品一覧

2018/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 乙嫁語り 10巻
    この物語の中には愛情/生活/文化/人生の全てが詰まっていて、新しいページをめくるほどに胸の内がじんわりと温まるような気持ちになれるんです。
    中央アジアの過酷な生活環境ではあるけれど、大自然のたおやかな流れに逆らわずに自分達もその一部分として寄り添って助けあって生きていく姿に感動を覚えます。
    家族も夫...続きを読む
  • 乙嫁語り 7巻
    19世紀中央アジアを舞台とした結婚物語の漫画第7巻です。
    スミスが旅の途中で訪れたペルシアが本編となります。
    そこで暮らすアニスがお風呂で姉妹妻を探す内容です。
    争いはなくても、日常には事件や悩みがあるものだなと思いました。
    8巻にも期待します。
  • 乙嫁語り 6巻
    19世紀中央アジアを舞台とした結婚物語の漫画第6巻です。
    アミルがカルルクを頼れる夫として認めた矢先に、部族の争いが起こります。
    穏やかさと激しさ、個人と集団の描写が織り交ざる一冊。
    7巻にも期待します。
  • 乙嫁語り 11巻
    読むたびに中央アジアへ行きたい気持ちが高まってやまない。
    もうこの世界はないんだけど、行ったら片鱗が見られるんじゃないかと期待してしまう。
    この風土、文化、日常…暮らしを描かせたらこの人以上の作家はいないですね。
  • 乙嫁語り 11巻
    タラスとスミス、出会いの先へ…!

    中央アジアを舞台に、さまざまな結婚物語を描き連ねていく『乙嫁語り』。英国人の旅行者スミスは、旅の目的地アンカラでタラスと再会したあと、ふたたび旅を始めることに。それは、もう一度アミルとカルルクの住む地域へ戻る旅……。新たに手に入れたアイテム「写真機」とともに、スミ...続きを読む

特集