「原リョウ」おすすめ作品一覧

「原リョウ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:原リョウ(ハラリョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1946年12月18日
  • 出身地:日本 / 佐賀県
  • 職業:作家

九州大学文学部美学美術史科卒。1988年『そして夜は甦る』でデビュー。『私が殺した少女』で第102回直木賞を受賞。『愚か者死すべし』、『天使たちの探偵』などの作品を手がける。

作品一覧

2018/03/01更新

ユーザーレビュー

  • 私が殺した少女
    真相に近づいたかと思ったら離れたりまた近づいたり、というミステリー小説としての面白さも抜群だが、そもそもの文章力のレベルが非常に高く、一文一文にセンスが溢れていてさすが原尞だとおもった。
  • それまでの明日
    遅筆作家の久々の推理小説だそう。新宿の3km四方を出ないような舞台設定で、ダイナミクスはないが、三つの話がタペストリーのように絡まった、いぶし銀のような出来上がりとでも申しましょうか。
  • 私が殺した少女
    "渡辺探偵事務所に所属?する沢崎という名の探偵を主人公としたシリーズもの第二譚。
    この探偵との、腐れ縁である渡辺探偵事務所を立ち上げた渡辺氏と彼が起こした事件に大きくかかわった新宿西署の錦織刑事とのやり取りが、面白いと感じて、シリーズを読破しようとたくらんでいる。
    この作品は直木賞を受賞しているらし...続きを読む
  • 天使たちの探偵
    "沢崎さんという探偵が主人公の短編集。緻密な事実を積み上げ、読者にも情報として与えていながら、ぼんくら読者は最後の方で、推理する論点となる矛盾を突き付けられ、なるほどと感心してしまう。

    さらば長き眠り

    を本日購入した。沢崎探偵の活躍をまだしばらく楽しめるのは、この上ない幸せだ。"
  • それまでの明日
    著者の作品を初めて読ませて頂きました。グイグイと物語に引き込まれてしまう会話と描写の妙。強盗事件が主たる線かと思えば軽くいなされ、親子や家族の関係性をそこはかとなく描き、かと思えば最後まで何も明らかにならないのに成程そうだったんだと思わせる、語らずの妙。軽妙な会話も嫌味なところが全くなし。ひとつだけ...続きを読む

特集