原リョウの一覧

「原リョウ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:原リョウ(ハラリョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1946年12月18日
  • 出身地:日本 / 佐賀県
  • 職業:作家

九州大学文学部美学美術史科卒。1988年『そして夜は甦る』でデビュー。『私が殺した少女』で第102回直木賞を受賞。『愚か者死すべし』、『天使たちの探偵』などの作品を手がける。

作品一覧

2018/03/01更新

ユーザーレビュー

  • 私が殺した少女
    沢崎探偵シリーズ第二作。

    この作品は読んだことがある気がした。
    シリーズものは最初から読むことにしているので、
    なぜ1作目を読まずに2作目を読んだのかは全く覚えていない。
    覚えていないと言えば、ほとんど内容も覚えていなかった。
    幸運と言うべきか。

    ハードボイルドに不可欠なもの、主人公の生き様、に...続きを読む
  • さらば長き眠り
    1年以上ぶりに東京に帰ってきた沢崎を待っていたのは、浮浪者の男。
    男からの紹介で、元高校野球選手からの調査を受けることになります。
    依頼者の姉が自殺した真相を突き止めてほしいという依頼ですが、やがて背後にある驚愕の事実に突き当たります。
    ハードボイルドの文章が素晴らしく、言い回しがとてもカッコいい。...続きを読む
  • そして夜は甦る
    ネットで見かけて。

    とくにハードボイルドが好きな訳ではないと思う。
    暴力にも、カーチェイスにも、銃撃戦にも、ましてや美女にも
    興味はない。

    ただそれらを含んでいても含んでいなくても、
    心魅かれるものがあるとすれば、
    それは、多分、男の「強がり」なのだと思う。
    「美学」とも「やせがまん」とか、
    ...続きを読む
  • それまでの明日
    探偵沢崎シリーズ、6作目、長編としては5冊目は14年ぶりとなる。
    沢崎は14年経っても携帯も持たず、そして話は2011.03.11以前の話である。

    前作とのブランクの間に原尞が好きだった父は亡くなった。父が読んだらどう思うだろう。
    結構衝撃的な結末はすぐにでも7作目を読みたくなるようなものである。
  • 愚か者死すべし
    大晦日からの数日の出来事を描いた、沢崎さんという探偵が主人公のハードボイルドミステリー。いくつもの犯罪が交錯する中、真相に迫っていく。
    この『愚か者死すべし』は前作から9年の歳月がたって発表されている。2004年11月に発売されている。長い間ファンは待ち続けないといけない。
    でも、待ったかいがあった...続きを読む

特集