原リョウの一覧

「原リョウ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:原リョウ(ハラリョウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1946年12月18日
  • 出身地:日本 / 佐賀県
  • 職業:作家

九州大学文学部美学美術史科卒。1988年『そして夜は甦る』でデビュー。『私が殺した少女』で第102回直木賞を受賞。『愚か者死すべし』、『天使たちの探偵』などの作品を手がける。

作品一覧

2018/03/01更新

ユーザーレビュー

  • それまでの明日
    いつの間にか出てた沢崎シリーズ
    面白くて一気読み
    沢崎のセリフに痺れる
    一気読みだが、何回も前のシーンを読み返す
    至高の読書体験
  • 天使たちの探偵
    非常に面白かった!これは当たりだった。
    毎話行われる謎解きは、注意して読んでいれば気付けたはず、と悔しくなってしまうが納得もできるものばかり。登場人物も魅力的。
    文章自体にもいつも皮肉まじりのユーモアがある。
    ただ、これがシリーズものであることを知らず読み始めてしまったので、早く前作までが読みたい。
  • それまでの明日
    業平は政治家、特に現在の安倍政権下の奴らに会合は受け付けないだろうなと思った。
    免許制のある米国ならともかく、そうでない日本で個人で探偵業をするなら、もう少し警察への態度を改めたらと思ってしまう。免許制でないからこそ、こんなに自由に振る舞えるのかな。
    今回は沢崎は若者に優しかった。
    相変わらずの人と...続きを読む
  • 愚か者死すべし
    主人公の探偵も依頼者も警官も犯罪者もヤクザも胡散臭いやつもみんなお喋りだ。本当によく喋る。何だあこれはと思っているうちに、そのお喋りがだんだんと快感になってくる。この長ったらしい会話が原尞の真骨頂なのだと合点した。ストーリーもよく練られているし、最後の二転三転もいつもどおりで楽しめる。文庫本の付けた...続きを読む
  • そして夜は甦る
    さすがに原尞、処女作から読み応えあり。推敲を重ねただけあって文章は練れていて、いかにもハードボイルドという味わいが漂う。古い本なので、今となってはユーモアのセンスは古めかしいかなとは思う。でも、それでいい。主人公の探偵の沢崎、錦織警部、ヤクザの橋爪という常連になる登場人物の造形も実にいい。事件自体も...続きを読む