「秦建日子」おすすめ作品一覧

「秦建日子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:秦建日子(ハタタケヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年01月08日
  • 出身地:日本
  • 職業:演出家

早稲田大学法学部卒。2004年『推理小説』で小説家としてデビュー。『チェケラッチョ!!』が実写映画化された。『ダーティ・ママ!』がTVドラマ化された。その他作品に『SOKKI!-人生には役に立たない特技-』、『インシデント 悪女たちのメス』などがある。劇作家、演出家、脚本家などとしても活動。『HERO』、『救命病棟24時』などで脚本を手がける。父は作家の秦恒平。文芸評論家で作家の黒川創は従兄。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/29更新

ユーザーレビュー

  • 刑事 雪平夏見 アンフェアな月
    個人的にミステリ小説はあまり得意ではない。ただ、シリーズの続きがあるらしいから、なんとなく読みたいと思えてしまった。
  • ザーッと降って、からりと晴れて
    この本は何なんだ~~

     読者の心の奥底に爆弾を置いておいて、尚且つ、手榴弾を投げ込んでくる。
    その瞬間をスローモーションで見せながら、幸せの噛みしめ方を教えてくれる。   そんな1冊である。

    建日子のケッサクである。
  • 刑事 雪平夏見 アンフェアな国
     刑事・雪平夏見シリーズ第5作。
     外務省職員が車に轢かれそうになった人を庇って死ぬ。庇われた人物は消えている。1時間後、危険ドラッグでラリっている暴走犯が捕まり、一件落着。それを目撃していたのは外務省職員の部下とその婚約者。その婚約者はケータイ店員で、雪平夏見が親権を取れず別居している娘とLINE...続きを読む
  • 刑事 雪平夏見 アンフェアな国
    ‹内容紹介より›
    外務省職員が犠牲となった轢き逃げ事件。ただちに犯人として危険ドラッグ常習者が逮捕される。しかし、新宿署に異動した雪平のもとに「警察が逮捕したのは全然違う人だ」という目撃者からの電話が……。やがて事件を追う雪平と仲間に悲劇が襲いかかり、真相を暴くため、彼女は海を渡る。ベストセラーシリ...続きを読む
  • 刑事 雪平夏見 アンフェアな国
    秦建日子『アンフェアな国』河出文庫。

    刑事・雪平夏見シリーズ第5弾。巧みなプロット、雪平夏見の推理と単独捜査の行方は…雪平の魅力も伝わり、非常に面白かった。続きが気になる。雪平の麻痺した左腕の機能は甦るのか、娘の親権は…そして、何に付けてもラストの雪平の返事が気になる。

    外務省職員が犠牲になった...続きを読む

特集