キャロル・オコンネルの一覧

「キャロル・オコンネル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/15更新

ユーザーレビュー

  • クリスマスに少女は還る
    ややネタバレ含むかな?
    少女の誘拐がモチーフになっているので、しんどくて一気には読めなかったけど、15年前の少年少女と事件、今の少年少女と事件、大人達が絡みあって終盤一気に収束して行くのは快感。
    古さを感じなかったので、20年前の作品だという事に驚いた。

    ※ポール・マリー神父とアーニー・パイル捜査...続きを読む
  • 愛おしい骨
    ミステリ(推理もの)における犯人かもしれないくらい特徴的なキャラクタを描く方に
    ミステリ(謎解き)より力を入れてすりるでさすぺんす風味な小説
    事件全体は込み入ったものでなく
    多数の登場人物がしっかり根拠をもって奇怪な行動を繰り返すさまが延々綴られるので
    振り返って改めて構成に唸らせられる
    個人的な好...続きを読む
  • 愛おしい骨
    『クリ還』のような「わ~!」がなかった代わりに登場人物どの人をどう動かすのか?という楽しみもあり、むしろ「わ~」があちらこちらにちりばめられている。一字一句読みのがしのないようにじっくりと楽しめた。ミステリーというより人間ドラマの味わいが深くなんども反芻しながらの読書時間。時間がかかってしまったけれ...続きを読む
  • 生贄の木
     マロリーシリーズ。
     
     前作で、がっつり職場放棄をやらかしたマロリーは署内で微妙な位置にいるのだけど、まぁ、そんな風に思っているのは周りだけで、本人はまったく気にしてないというか、いつも通りで毎度ながら強い。
     唯一繊細なキャラ、チャールズは右往左往してるんだけどね。
     それに対して、もう完全に...続きを読む
  • 生贄の木
    マロリーシリーズ10作目。最新邦訳本に追いついたー
    氷の天使が妖精になつかれるの巻

    まだ未翻訳があると知って嬉しい!