ケン・リュウの一覧

「ケン・リュウ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/02/10更新

ユーザーレビュー

  • 創られた心 AIロボットSF傑作選
    コミック『アトム・ザ・ビギニング』を読んでいたところで本作を偶然手に取ったのだが、ロボットの擬人化という単純な物語など遥かに超越した16篇の来るべきAI世界にまつわる思索小説としても大変興味深い短編が名編者J・ストラーンによって集められている。J・J・アダムズ編による銀河連邦、パワードスーツものなど...続きを読む
  • 紙の動物園
    最初の表題作でボロボロ泣いてしまった。一方、途中にはSF慣れしていない自分にとって難解な話もいくつかあり、再読の必要性を強く感じています。SF的なモチーフをふんだんに使いつつも人の心と心の触れ合いに重きを置いた優しい眼差しの作風に、なんとなくカーヴァーを連想しました。「紙の動物園」「もののあはれ」「...続きを読む
  • 宇宙の春
    さすが名手のクオリティ。特に最後の「歴史を終わらせた男」は、その内容からケン・リュウという作家が誤解されることを心配した選者がこれまであえて収録していなかったというだけあるインパクトの強い作品。著者の引き出しの多さが存分に楽しめる好編。
  • スタートボタンを押してください ゲームSF傑作選
    ゲームを題材にしたSF小説、
    小説でこんなにも、
    ゲームをしている感覚になるのかと、
    とても楽しみつつ、
    新しい感覚になった。

    特に面白かったのは、
    「1アップ」
    友達の葬式に行って、
    ゲームを通して怖しい真実を知ることになる

    「救助よろ」
    連絡が取れなくなった彼氏を探して、
    RPGの世界に入り...続きを読む
  • 折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー
    全般的に非常に品質が高く、多様性に富んでいて、とてもよかった。共通して美しい世界観があるのもよい。
    作者に女性が多いところがちょっと意外で、日本とは違うところだなと思った。
    圧巻だったのはやはり「三体」の劉慈欣。「神様の介護係」がよかった。
    あとは馬伯庸と郝景芳の作品をもっと読んでみたい。

    ## ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!