「鹿島田真希」おすすめ作品一覧

「鹿島田真希」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鹿島田真希(カシマダマキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1976年10月26日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

白百合女子大学文学部卒。1998年『二匹』で第35回文藝賞を受賞しデビュー。『六〇〇〇度の愛』で三島由紀夫賞。『ピカルディーの三度』で第29回野間文芸新人賞を受賞。『冥土めぐり』で第147回芥川賞を受賞し、笙野頼子以来の純文学新人賞三冠作家となる。

作品一覧

2016/08/26更新

ユーザーレビュー

  • 選ばれし壊れ屋たち
    超面白かった、個人的に。
    近著だと来たれ、野球部や、少女のための秘密の聖書が好きだった人は間違いなく好きでしょう(あまりいないと思いますが苦笑)鹿島田さんファンならぜひぜひ。

    電車や休憩時に会社で読むのはやめておいたほうがいい、笑えて笑えて仕方ないから。ついつい口元が緩んでしまう。
    新人賞受賞し小...続きを読む
  • ハルモニア
    まるで音楽を聴いてるように読んだ 砂糖菓子の話しも面白かった この人の作品は当たりハズレがかなりある
  • 冥土めぐり
    痛い。
    痛いけど心地よい。淀んでる。
    個々の細かい描写が好みだった。
    シーン展開はいつもどおり(?)神話的。とても良い。
    「今は、意味の分からない絵でも見ることができた。奈津子は、ただ、絵を見ていた。」

    『99の接吻』も美しい。
    「蛍光灯のようなもの」・・・
  • 少女のための秘密の聖書
    初っ端からこれは当たりだと思いながら読み進めた。鹿島田さんにしか書けないだろう、奇想天外な展開。面白かった。イカれてる御伽噺のようで。
    語り手の“わたし”が住む家には母親と血の繋がらない二の腕を触りたがる父親がいる。わたしの住む裏のアパートにはパンツ泥棒かもしれない気味の悪い浪人生のお兄さんがいて、...続きを読む
  • ゼロの王国(下)
     神様みたいな主人公と、それを取り巻く個性的な人々。この、神様みたいな主人公が、「人間」っぽくなっていく姿にドキドキ。
     太宰あたりの日本の純文学がスキな人、ドストエフスキーがスキな人に読んでみてもらいたい。