「深町秋生」おすすめ作品一覧

「深町秋生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:深町秋生(フカマチアキオ)
  • 生年月日:1975年11月19日
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:作家

専修大学経済学部卒。2005年に「果てしなき渇き」で作家デビュー。同作は前年の「このミステリーがすごい!」大賞受賞。その他作品は『組織犯罪対策課八神瑛子シリーズ』、『ダブル』など。

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • 死は望むところ
    深町秋生『死は望むところ』実業之日本社文庫。

    血まみれの暗黒警察小説。武装犯罪組織と警察組織との血で血を洗う闘いが、これでもかと描かれる。誰が主人公なのかもはや解らず、誰が生き残るのかも全く解らない。

    神奈川県南足柄市の山中で敏腕女刑事らが武装犯罪組織・栄グループに襲撃され、命を落とす。警視庁特...続きを読む
  • アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子III
    読み終わった直後は全身鳥肌が立ってしまった。これだけの警察の汚らしい部分を見せつけられながらも、このスッキリとした読後感はなんだ。

    この章を持って、八神の夫が亡くなった真相がわかります。やはりと言うか、なんとなくそうくるだろうなと思っていた通りの展開。
    前作で戦った圧倒的な破壊力を持っ...続きを読む
  • バッドカンパニー
    長男が読みたいと言うので購入。
    先に読ませて貰ったらおもろい!
    どんどん読める。強いのに情に弱い
    そして優しいところもある。
    こんな強くて優しい男には憧れる♪
  • ショットガン・ロード
    日本最大級の暴力団幹部が自殺に見せかけて殺害される。手を下したのは「忍足」をリーダーとする伝説の殺し屋集団。暴力団にアキレス腱を握られた元メンバーの汐見と殺された暴力団トップの息子である伊吹が殺し屋集団を追う。殺し屋集団の結束やコンビの心のつながり等,人とのつながりが底流を流れ,つかの間穏やかな気持...続きを読む
  • ショットガン・ロード
     『ダブル』で好きになった作者。ハードでカッコいい小説。現実的にはありえないだろうと思いながらも、小説なんだから、これくらいぶっ飛んでいても良いかと。
     ヤクザの息子で腕っぷしには自信がある荒くれ者の伊吹。伝説の殺し屋集団の跡継ぎと目されていたが、引退し、田舎で漁師を営んでいた汐見。この2人がぶつか...続きを読む

特集