「深町秋生」おすすめ作品一覧

「深町秋生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:深町秋生(フカマチアキオ)
  • 生年月日:1975年11月19日
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:作家

専修大学経済学部卒。2005年に「果てしなき渇き」で作家デビュー。同作は前年の「このミステリーがすごい!」大賞受賞。その他作品は『組織犯罪対策課八神瑛子シリーズ』、『ダブル』など。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/09/07更新

ユーザーレビュー

  • 探偵は女手ひとつ
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    過疎にあえぐ地方都市ならではの事件、クールでタフな女探偵。これが現代日本だ!

    ズウズウ弁の小説は初めて読んだが、文章なのに暖かみが伝わってきた。主人公は兎に角元気なおばちゃん。難しい謎解きも無いのに、がっつりと命を狙われちゃうなどホノボノとは離れた部...続きを読む
  • インジョーカー
    あの八神瑛子が帰ってきた。今回もアクションあり、心理戦ありの読み応え充分な出来。そして、何より登場人物のなんと魅力的なこと。

    官房長を追い落とすため、首席監察官が動き出す。首席監察官の名を受け、須藤監察官が八神の尻尾を掴むため、八神の部下の井沢に接触する。
    一方、中国マフィアの英麗の情...続きを読む
  • ドッグ・メーカー―警視庁人事一課監察係 黒滝誠治―(新潮文庫)
    最初はまるでヒール役かと思われた黒滝が 話が進むにつれ 実はそうでもないことがわかったり。
    どこかで折れてしまうのかと思われた美貴が 信念を貫き通したり。
    黒滝のいい相棒と思われた羽場が 実はいつのまにかヒールになってたり。
    ほんとに味方なのか最後まで判断つかなかった白幡も。
    どの方向に話が進むのか...続きを読む
  • 死は望むところ
    ぶっ飛んでいる!
    これでもかという死者の数。
    ヒロインも例外ではない。
    深町ノワール全開!一気読み確実!
  • 死は望むところ
    主人公と思われる人に感情移入しかかると あっさり殺されちゃう。あれ?と思うことの連続。ほんと思い切りよく ばっさり殺るねぇ 笑。バトンリレーのように 主人公?が変わっていく。最初はそれに慣れなくて なんかリズム狂う〜と思ったけど 途中からはそれも面白いに変わる。
    それにしても 超人としか思えないひ...続きを読む

特集