「紺野登」おすすめ作品一覧

「紺野登」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • 幸せな小国オランダの智慧 災害にも負けないイノベーション社会
    再読。やっぱりオランダには学べる面が沢山ある。

    あの規模だから(日本の九州くらいの大きさ、ただ人口密度は日本と変わらない)出てくるチャレンジ精神みたいなものもあるだろうし、人種のるつぼとしての多様性への理解もベースになってるだろうし、何よりああいう地形、土地柄が「今のオランダ」になる根本的な部分と...続きを読む
  • 幸せな小国オランダの智慧 災害にも負けないイノベーション社会
    では3本目は「幸せな小国 オランダの智慧 災害にも負けないイノベーション社会」です。お前なんでオランダなんだよ~?と言われると思われますが、私はTPP推進派なのですが、日本の農業もたいせつ~と思っています。

    そこで私の郷里の高知県では、天才・尾崎正直知事の下、オランダの農業振興策を参考にしていると...続きを読む
  • ビジネスのためのデザイン思考
    デザイン思考を日本の産業界に早くから紹介し、牽引役を果たしてきた多摩大大学院紺野登教授が、ビジネスパーソンの基礎リテラシーとしてデザイン思考の概念、活用方法を紹介している本。

    デザインという言葉が日本では狭義に捉えられていることを憂い、実際にはよりダイナミックな「知のデザイン」が要請される時代であ...続きを読む
  • 知識経営のすすめ ――ナレッジマネジメントとその時代
    『SECIは単純な機会的プロセスではありません。知識創造という点で一番重要なことは、SECIの背後にある大きな目的意識、存在論だといえます。何のために存在するのか、いかにあるべきか、他社とは何が違うんだ、どんな理想状態をめざすのか。こういうところまでつながる存在論がないと知識の根本が崩れていってしま...続きを読む
  • 利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか
    タイトルを読んでドキッとしました。
    正にその通りです。

    売上を伸ばそうとして一番手っ取い手法である値下げを行う。
    利益を出そうとして人件費や経費削減に走る。

    これらは結局のところ極短期の結果しか残せません。
    直近の成果を残すことばかり考えると、長期的に会社にとっては致命的な結果につながります。
    ...続きを読む