山本直樹の作品一覧

「山本直樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本直樹(ヤマモトナオキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年02月01日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:マンガ家

早稲田大学教育学部国語国文学科卒。1984年『ほら、こんなに赤くなってる』(森山名義)でデビュー。同年に山本名義でも『私の青空』で「ジャストコミック」新人賞を受賞しデビュー。 『レッド』で第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他作品に『あさってDANCE』、『極めてかもしだ』、『とらわれペンギン』(森山名義)などがある。「森山 塔」や「塔山 森」名義で成人向け漫画で活動していた。

作品一覧

2023/02/28更新

ユーザーレビュー

  • ありがとう 1

    好きなポッドキャストで紹介され

    家族というぬるくて呪われたコミュニティについて、ずっと抱いていた何かが描かれているような気がする。それと、この作家さんの性描写に時々現れる線が美しくて芸術的だった。写真に撮って額縁に飾っても違和感ない。他の作品も見てみよう。
  • 【合本版】ビリーバーズ

    良作

    宗教に洗脳されている三人が主人公。最初はストイックに修行していたのにだんだんと心が本能に操られていく過程がおもしろいし、最初から最後まで夢中になって読んだ。
  • 堀田(1)

    青春の思い出

    高校生の頃このマンガを買って以来、エロといえば山本直樹です。洗練されたタッチと、独特な世界観のめりこみます。山本直樹作品の中でも、堀田が一番好きです。
    何回も何回も読んで物語をしっかり感じたいと思えるような作品です。
    あーそれにしてもエロい。
  • フラグメンツ 1
    山本直樹さんの作品には始終、文学の気配が漂っていて、読み終えると黄昏時に知らない世界に足を踏み入れたような、気怠くて心地よい余韻が感じられて、たまらなく好きです。素晴らしいマンガです。
  • フラグメンツ 1
    大胆な表現とで引き込みながら、ふと気がつくと虚無的な感覚を豪速球で投げつけてくる。
    この本をエッチな本と読むか狂気の本と読むかは、あなた次第。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!