「山本直樹」おすすめ作品一覧

「山本直樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本直樹(ヤマモトナオキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年02月01日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:マンガ家

早稲田大学教育学部国語国文学科卒。1984年『ほら、こんなに赤くなってる』(森山名義)でデビュー。同年に山本名義でも『私の青空』で「ジャストコミック」新人賞を受賞しデビュー。 『レッド』で第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他作品に『あさってDANCE』、『極めてかもしだ』、『とらわれペンギン』(森山名義)などがある。「森山 塔」や「塔山 森」名義で成人向け漫画で活動していた。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/20更新

ユーザーレビュー

  • レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ 4巻
    レッド第二部おわり。浦沢直樹の漫勉で描いてたコマが結局出てこなかった気がするけど、あれは最終章だったのかな?
  • レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ 1巻
    「甘えるな!」という言葉が飛び交い、総括を強要する(「援助する」という名目で暴行する)ことにもはや疑問を抱かなくなりつつある赤色連盟。この革命者組織のヤバいところは結局「頭が良く口達者な者が指導的な立場に立つ」というところで、ただ誠実で努力家なだけでは立ちゆかなくなってしまうことが、組織に余裕がなく...続きを読む
  • レッド 1969~1972 8巻
    ひとまず『レッド』は完、しかし内容的には全く中途半端というか、まだまだこれからですね……。しかし、もし自分がこの場にいたとしてこの凶気に呑まれないという自信がない。
    頑張れ!と叫びながら殴る光景に涙を流し見守る図のヤバさが本人たちには分からない。
  • レッド 1969~1972 6巻
    赤城さんが限界になりつつあるのか、ちょっとだけ台詞回しがおかしくて、同じフレーズを何度も繰り返したり、いつもの理路整然とした物言いや反論も弱く、今後の展開に不安がよぎる。
  • レッド 1969~1972 8巻
    とにかくおもしろい!なぜエリートで善良なる人があそこまで狂気の連合赤軍事件、浅間山荘になったのか?
    しかも作家が山本直樹。すごいマンガ。