「豊田正義」おすすめ作品一覧

「豊田正義」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:豊田正義(トヨダマサヨシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1966年06月30日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部卒。『消された一家』、『告発!「イエローキャブ」―マスコミ公害を撃つ!』、『オーラの素顔』などの著書がある。

作品一覧

2017/08/05更新

ユーザーレビュー

  • ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦
    2015年の今年は戦後70年。なので、NHKスペシャルは戦後70年に
    ちなんだ内容の放送が多い。先日は沖縄戦を特集していた。

    番組の冒頭、沖縄戦を戦った元アメリカ兵へのインタビューが流れ
    た。彼は言う。

    「パニックだった。機関銃を撃ちまくった。翌朝に見た遺体は市民
    ばかりだった」。そし...続きを読む
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―
    衝撃度No. 1。読み終わった時に放心状態になる。サイコパスに心理学やら拷問やら洗脳やらの知識を与えると本当に最悪の事態になる。具体的な描写が想像を掻き立て、確実に嫌な気分にさせられる。
    頭をガツンと叩かれるような衝撃。信じられない話。
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―
    誉田哲也『ケモノの城』のもととなった事件と知って。
    フィクションとしての物語よりも、さらに残忍で救えない内容であることに戦慄。
    物語よりも作り話みたいな信じがたい超凶悪犯罪を、客観的視点と簡潔な文章で大変わかりやすく纏められた傑作。
    ただ事実だけを羅列するだけでなく、垣間見せるジャーナリストとしての...続きを読む
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―
    作り話であってほしいというくらいの鬼畜かつ凄惨な内容。
    どうしてこんなに残酷な人間になれるのか?恐ろしい。

    人の良さにつけこむ、その真逆に位置する残虐な人間に出会ってしまう。。考えれば考えるほどその理不尽さには胸がつまる思い。
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―
    やっぱり凄絶やね。自分の中で二番目に凄惨な事件です。
    でもこの『北九州~』事件関連書で一番凄いと思ったのは、新堂冬樹さん著『殺し合う家族』…物凄い衝撃的やった。再読しよう。

特集