DV(ドメスティック・バイオレンス)――殴らずにはいられない男たち

DV(ドメスティック・バイオレンス)――殴らずにはいられない男たち

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

01年10月13日「DV防止法」施行により、DVは「夫婦げんか」ではなく「犯罪」となる。加害者・被害者双方の声をもとに、DV問題の本質をあぶりだす初めての試み。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2014年07月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

DV(ドメスティック・バイオレンス)――殴らずにはいられない男たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年07月04日

    暴力をふるった後に全力での謝罪、そしてまた暴力をふるい…
    本気の謝罪に「今度こそは優しい人に戻ってくれる」という期待を寄せてまた殴られるという期待と「また殴られる」という気持ちの間で揺れる被害者の体験談がすごく刺さってきた。
    加害者側も普段は朗らかな人間であったりするのに、なぜか一番好きな人を殴って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    著者はメンズリブ東京の代表をしていた豊田正義さん。
    DV加害者の男性と、被害者の妻の両者(4件)にインタビューしています。
    非常に良かったです。(2007/01)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月08日

    [ 内容 ]
    なぜ男たちはDVに走るのか。
    職業・年齢・生い立ちなど、加害者たちに共通点はあるのか。
    男たちに暴力をとめさせる手だては。
    加害者、被害者双方の生の声を多く集め、様々なケースからDV問題の本質を浮かび上がらせる。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    酷なお話。こういうのに弱い人は
    かなりしんどい部分があります。
    私も、読むのがしんどかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    DVに関する、夫(加害者)視点の話と妻(被害者)視点の話。
    夫視点のパートを読んで「?」と引っかかった部分が、妻視点のパートでスッキリ判明する。

    とても興味深い本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月03日

    少し出版年が古いので、
    今それなりに増加傾向にある女性によるDVは
    掲載されてはいません。
    (一応終盤に少し触れる程度)

    かなり胸糞の悪い内容となっています。
    大体のケースは男性側の根底に
    トラウマといったものがあるケースが多いです。
    無理強いという事がどれだけ人を傷つけるか…

    ほとんどのケース...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    DVの加害者と被害者双方からの聞き取りをもとに、DVはなぜ起こるのか、背景は何か、暴力をやめさせる事はできるのかなどを考える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    DVの実態に実例から迫る。DVされて黙ってる女の人の気持ちが分からなかったけど、これ読んでちょっぴり納得できたかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    DV防止法の施行は必要だと思うし、防止法作成段階から、フェミニストは、法案をあくまで男性加害者の問題として捉える傾向にあっただろう。現実、ここでインタビューされ、ルポされた4例のカップルも、殴る加害者男性/殴られる被害者女性(バタードウィーメン)という公式にある。ただし、ルポから浮上するのは、殴る男...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています