ヨルン・リーエル・ホルストの一覧

「ヨルン・リーエル・ホルスト」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/03/04更新

ユーザーレビュー

  • 警部ヴィスティング カタリーナ・コード ~THE KATHARINA CODE~
    北欧・ノルウェーのハードボイルドな刑事が事件を追うミステリー。ヴィスティング警部が24年前に失踪したカタリーナという女性の捜査資料を定期的に見返す。彼は失踪日には彼女の夫マッティンと会い、事件を見返す。そこに国家犯罪捜査局の捜査官スティレルが現れ、26年前のナディア・クローグ事件を捜査し、捜査線上に...続きを読む
  • 警部ヴィスティング カタリーナ・コード ~THE KATHARINA CODE~
    ノルウェーの人気ミステリ、警部ヴィスティングもの。
    「猟犬」もとてもよかった、あのシリーズです。

    ノルウェーの地方都市ラルヴィク警察の警部ヴィリアム・ヴィスティングは誠実な男。
    24年前に失踪したカタリーナ・ハウゲンの事件をいまだに気にかけていました。
    カタリーナ・コード(暗号)とは、台所に残され...続きを読む
  • 警部ヴィスティング 悪意
    二人の女性を惨殺し刑務所にいる男トム・ケルが、三人目の被害者を埋めた場所を教えるとのことで、厳戒態勢でケルを現場に連れて行った。すると爆発が起こりケルは逃亡した。共犯者がいたのだろうか。

    物凄く面白かった。

    無駄のない冒頭からグッと引き込まれる。ケルを逃したのは果たしてヴィスティングの責任なのか...続きを読む
  • 警部ヴィスティング 悪意
     本書は、連続少女強姦殺人の凶悪犯の逃走という、まるで大団円のようなシーンで最初の100ページが費やされる。最初から手に汗握る設定である。凶悪犯に付き添い、割りを食う役が、我らが主人公ヴィスティングであり、撮影役を請け負うフリーランスの記者であり娘でもあるリーネが、共に冒頭の一大アクションに巻き込ま...続きを読む
  • 警部ヴィスティング 鍵穴  ~THE INNERMOST ROOM~
     『猟犬』『カタリーナ・コード』といい作品を連打しているのに、昨年のこの作品を見逃してしまっていた。今春、新作が出たのを機会に順番に読まねば、との反省読書。とりわけ前作から版元を変えて翻訳出版となった本シリーズは続けての未解決事件四部作である。『猟犬』からは、ヴィスティングの娘リーネの立ち位置、職業...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!