中村安希の一覧

「中村安希」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/26更新

ユーザーレビュー

  • インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日
    26歳の女性が、アジア・中東・アフリカ・ヨーロッパを684日間、貧乏旅行でまわる。訪問した国数は47カ国。野宿は当たり前で、途中で身体を壊したり、とっても過酷な旅だ。旅行記は、たくさん読んでいるが、女性の旅行記で、ここまで過酷なものは読んだことはない。
    文庫本で、だいたい280ページ程度の本だけれど...続きを読む
  • インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日
     純粋に、著者の中村安希さんがかっこいい。

     国際協力や、「アフリカ=貧困」といったイメージについて、これほど率直な意見を言えるのは、この生命力と行動力があるからこそだ、と感じる。日本でのんびり暮らすわたしのような人間には、なかなか言えない。
     しかし、誰かしらが言うべきことであり、言うべき人が著...続きを読む
  • 食べる。
    世界を巡り書いた食事の話。
    美味しそうなものだけでなく明らかに不味そうなものや食べるときに遠慮しながら勧められた人に気遣って無理に食べたものなどもあるのがよい。


    エチオピアのインジェラの ゲロみたいに酸っぱいぼろ雑巾 はどうかんがえても美味しくなさそうなのに興味をそそる。

    ヨルダンで食べたサッ...続きを読む
  • インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日
    2019年9冊目。
    著者の旅のテーマのひとつといえそうな、世界の人々にとって「何が必要なのか。何が適切な支援なのか」。
    授業でも単元計画の軸に据えたりしている。
    この作品を読み進める中で、「やっぱり」と思う部分と、「そうか」と気づかされる部分があり、大変勉強になった。レビューをみると批判もあるようだ...続きを読む
  • インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日

    2回目

    一回目はハードカバーで、二回目が今回。
    正直に、一回目のことは忘れて今回読んだことだけ念頭に置いて書くと、一回目より感動は薄れた。一回目は「途方もなく壮大な女性の旅」という印象で沢山の人に勧めて回りたくなったほど感動したものだが、二回目は「一人旅世界一周したことを書いた本」という平凡に近い感想を抱い...続きを読む