「森下典子」おすすめ作品一覧

「森下典子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/06更新

ユーザーレビュー

  • いとしいたべもの
    すき。
    どれもこれもおいしそうで身近な、
    グルメでもなく健康食でもない食べ物たち。
    これはこれで、落ち着くんだよなあ。
    本ができあがるまでのストーリーもすてき
    (あとがきにあり)
  • いとしいたべもの
    「あぁ〜っ!」
    幸せである。深夜、仕事机ですする〈どん兵衛〉は、なんておいしいのだろう!


    森下さんによる美味しそうなイラストに美味しそうな表現。正統派のオムライス、たい焼きの「みみ」、どん兵衛のおあげの最後の一口、カステラと牛乳…どれも身近な食べ物ばかりだから余計に想像できるし、お腹が空いてくる...続きを読む
  • こいしいたべもの
    前作に引き続き、こちらもとても美味しそうでした。
    しんみりと切なくなる思い出もたくさん…わたしの亡くなった祖母も、貝を捕るのが上手だったことを思い出しました。鳩サブレーは幼い頃の思い出のおやつです、母方の実家でよく食べました。
    今回も、素敵なイラストもいっぱいでした。和菓子の美しさにうっとりしました...続きを読む
  • いとしいたべもの
    箸休めに。とてもお腹が空きました。
    美味しそうなたべものの思い出と、素敵なイラスト。
    森下さんとは生まれた年代は違えど、懐かしい気持ちになります。
    ごはんやおやつを食べることが、愛しくなる一冊です。
  • こいしいたべもの
    「いとしいたべもの」に次ぐ思い出の食べ物について綴ったエッセイ。
    前作よりも心に響く内容が多かった。
    人間の食べ物の記憶は味だけでなく、誰とどこでいつ共有したものなんか紐付くことで強固になる。

    皆さんにもあるだろう、忘れられない食べ物の記憶が。それは誰とどこで食べたものなのかはっきりと覚えているは...続きを読む