安宅和人の一覧

「安宅和人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/11/25更新

ユーザーレビュー

  • シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成
    全ての日本人が本に書かれている内容を理解し、行動に移すことができたなら、この日本はもっと良くなっていくであろう。と共感できる内容でした。
    私は教師をしています。コロナ禍の中でも、ICTがテンポ良く進んでいかないことに不安を感じております。得意、不得意、好き、嫌いの問題ではなく。教職員全員で取り入れて...続きを読む
  • シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成
    ●力強いけど、この提案をどこまで国が政策に反映できるのか危機感を感じる

    yahooのCSOとして、また大学教授としてさらには国の審議会の委員として日本をいろいろな視点からみる著者が提案する「未来の日本」の目指すべき方向性が論じられています。

    これはうまく行き過ぎではという提案があまりなく、やれた...続きを読む
  • イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」
    問題はイシューでなく、真に解決すべきもの、解決してより有効的なものをイシューと呼ぶ。また空、雨、傘の大枠でストーリーを考える。問題の本質を考えたことがあまりなかったため、そもそも何を目指すのかをしっかりと見定めた上で解決までのストーリーラインを考える。経験を重ねないと精度、速度は上がらないので普段の...続きを読む
  • シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成
    AI✖️データが人類史に再び産業革命のような変動を起こすとして、日本そして世界を俯瞰してその方向性を示唆します。日本に於いては15年間一人負けとしながらも潜在能力はあるので十分取り返せると鼓舞し、人材育成や各自がこれからの時時代に学ぶべきこと指南します。特に日本の教育(特に理数)の問題点を様々なデー...続きを読む
  • イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」
     計画を立てるときは俯瞰して全体像とゴールを見る。実行するときは足元を固めて愚直にやる。スピードが落ちてきたらまた俯瞰して計画を見直す。そういった頭の切り替えをどれくらいのスパンでやるといいのか、その時々のイシュー分析に適しているのはどんな視点か、とにかく回転数上げて自分に馴染むやり方を見つけましょ...続きを読む