シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

◎読者が選ぶビジネス書グランプリ2021 総合グランプリ受賞!!
◎ビジネス書大賞2020 特別賞(ソーシャルデザイン部門)受賞!!
◎ITエンジニア本大賞2021 ビジネス書部門 ベスト10!
◎累計15万部突破!
30万部超の名著『イシューからはじめよ』から9年――。
渾身の力で投げ込む、ファクトベースの現状分析と新たなる時代の展望!

AI×データの発展により、時代は多面的に「確変モード」に突入した。
目まぐるしく動く社会の中、本書は以下の問いをひとつなぎにして答える。

・現在の世の中の変化をどう見たらいいのか
・日本の現状をどう考えるべきか
・企業はどうしたらいいのか
・すでに大人の人はこれからどうサバイバルしていけばいいのか
・この変化の時代、子どもにはどんな経験を与え、育てればいいのか
・若者は、このAIネイティブ時代をどう捉え、生きのびていけばいいのか
・国としてのAI戦略、知財戦略はどうあるべきか?
・AI時代の人材育成は何が課題で、どう考えたらいいのか
・日本の大学など高等教育機関、研究機関の現状をどう考えたらいいのか

ビジネス・教育・政策…全領域にファクトベースで斬り込む、著者渾身の書き下ろし!
意志なき悲観論でも、現実を直視しない楽観論でもない、建設的(Constructive)な、「残すに値する未来のつくり方」。


目次
1章 データ×AIが人類を再び解き放つ――時代の全体観と変化の本質
2章 「第二の黒船」にどう挑むか――日本の現状と勝ち筋
3章 求められる人材とスキル
4章 「未来を創る人」をどう育てるか
5章 未来に賭けられる国に――リソース配分を変える
6章 残すに値する未来


読者コメント
「久々にすっごい面白い本に出会った。これからの時代の生き方の教養書として面白い」
「これからの日本が進むべき道を豊富なデータと精緻なロジックで導き出している」
「新人教育やマネジメント教育に必須の本だと思う。これから日本で生きる全てのビジネスパーソンが何を目指し、何をすべきかが詳細に書かれている」
「安宅さんの『日本を何とかしたい』という熱い思いが伝わってきて、ビジネス書なのに感動しました。個人的に今年のベスト本になる予感」
「一気に読んだ。『未来をつくる人』をどう育てるか、についても多くのページが割かれている。子育て中の方にもおすすめ」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
ニューズピックス
掲載誌・レーベル
NewsPicksパブリッシング
ページ数
444ページ
電子版発売日
2020年05月22日
紙の本の発売
2020年02月
サイズ(目安)
52MB

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    ◾️所感
    これからの日本で、育児と仕事をどう進めていくか見通しを立てるため、読みました。
    最も印象的だったのは「一日生きることは、一歩進むことでありたい。」という言葉の引用です。テクノロジーの進展が著しい現代、人間の価値はビジョン設定型の課題解決を試み「続けて」手なりの未来で満足しないことによっても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月22日

    これから、子どもをどう育てよう、自分の仕事はどうしよう悩んでいる子育て世代の私にに刺さる本でした。
    AIと言われて久しいですが、AIの時代にはますます課題を見つけたり、適切な問いを建てたりする能力が求められるとの認識にはなるほどと思いました。
    また、ロジカルシンキングなどの基礎素養は確かに大学では習...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月05日

    AI-readyでないという日本の深刻な弱みを指摘しつつ、生き残るための武器や方策を挙げてくれている。何より、未来を担うべき若者へのメッセージが熱い。
    時折出てくる官僚の的外れな、あるいはできない理由を列挙するような物言いには、筆者と同じようなもどかしさと失望を抱いてしまう…


    ・「狭き門より入れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    いろいろとっ散らかっているけど、間違いなく勉強になる本。大学10兆円ファンドとか、この本から現実になったものもあるのは、すごいこと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月29日

    職場の上司が進めていたので
    AI X データの時代において、功罪があること、日本の危機と回復の方法をフェーズごとに説明し、人材育成に関しては特に幅広い層への言及がある。また、著者の理想の部分では、実現可能性が高そうで面白い。現代を俯瞰している。
    定量的で、ファクトに説得力を与えて落とし込んでいる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    「未来は目指すものであり創るもの」という言葉がお気に入りです。
    NewsPicksなどで安宅さんの動画を見て興味を持って読みました。データとAIの領域ではアメリカや中国から遅れをとる日本ですが、第二第三のフェーズで各ドメインのデータを活用するなど今後のヒントをえられたと思います。多くの事例や定量的な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月04日

    産業革命以来、人は技術的な革新を繰り返して不連続な成長を遂げてきた。”AI×データ”が次なる革新の起爆剤として、私たちの生活を激変させることがほぼ確実な未来であることを明示する。
    そして、世界が次なるステージに進もうとしている中、日本が人材・技術レベルなどの観点でいかに取り残されているか、明確なファ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    データとAIの観点からこれまでの日本、これからのシンニホンを解説する。
    サブタイトルにも表れるとおり、世界中のさまざまなデータを用い、人材戦略や、問題点について分析されており、新たな発見が多くあり、自分の未熟さを思い知らされる著作であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    コロナ禍直前の頃に流行ってたけど、本棚の端に長らく積んでいた本。技術が加速する世界の中で、国を維持、成長させるために必要な投資の検討していく。
    最近この日本というコミュニティの将来に悲観的になっていたけど、これを読むことで更に悲観的になってしまった。
    選択と集中の逆を行く、幅広く学んだものを組み合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    自分が目を背けていた日本の課題、そして具体的な未来への提言が骨太に書かれていた。
    なんとなくは感じていたものの、世界から日本が取り残されている現状が、裏づけられたデータと共に記されている。
    子供の将来を考えるうえでも、考えさせられる点が多い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています