「一志治夫」おすすめ作品一覧

「一志治夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/07更新

ユーザーレビュー

  • 幸福な食堂車 ― 九州新幹線のデザイナー 水戸岡鋭治の「気」と「志」
    基本的に 整理、整頓、清掃、清潔、しつけ
    の5Sをどこにでも、持ち込むという。
    デザインとどう関係があるの?と
    読み進めると、なるほどと納得。

    「感性の災害」
    統一感もない色彩、整理されてないサイン
    不要な看板やポスター

    会社や家のなかもそうだよなぁ、と
    今更気がつく。


    コンセプトとは志
    ...続きを読む
  • 「ななつ星」物語 めぐり逢う旅と「豪華列車」誕生の秘話
    自分が乗ることはあるまいとニュースを読み流していた。これは鉄道趣味視点の本かと思ったが、この列車の企画から実現までを追った記録だった。強力なポリシーで実現され、既存の列車を参考にしつつも、新しい文化の創造だと思った。鉄道に閉じた話でなく、九州全体を活性化しようという意思が強く働いている。
    将来、推進...続きを読む
  • アンデルセン物語―食卓に志を運ぶ「パン屋」の誇り―
    広島でアンデルセンができて今に至るまでのお話。
    会社の気質の高さ、
    パンに対する考え方
    お客様との接点の考え方がよく出ている。

    この物語はアンデルセンのパンを率いた
    城田シェフの物語でもある。
    パンに求めた
    さまざまな高さを
    実証できた人がいるからアンデルセンがあるのだと思う。
    だから城田シェフの...続きを読む
  • 幸福な食堂車 ― 九州新幹線のデザイナー 水戸岡鋭治の「気」と「志」
    九州で鉄道旅行をしたくなる本!
    新しいものはこんな風にして産み出されていくのだなあと感慨深い。
    そこにあるのは幾人もの”ヒト”と”情熱”。
    しかし、国鉄(大きな組織)では出来なかったであろう。
    水戸岡さんは職人気質のデザイナーさんって感じで、いいなと思う。
  • 幸福な食堂車 ― 九州新幹線のデザイナー 水戸岡鋭治の「気」と「志」
    みんなのための場所ってなんだろって考えさせてくれる本。心のこもった空間が、心の豊かな人や国を育てるね( ^ω^ )